アイコン 宮古島市 台風6号で農作物被害が2億6000万円余に

報道によれば・・・

台風6号の動きが遅く、3日間、暴風警報が出た宮古島市では、サトウキビが倒れるなど農作物の被害が2億6000万円あまりにのぼることが分かった。

宮古島市が25日午前時点で、台風6号の被害をまとめたところ農作物の被害は2億6388万円にのぼり、このうちの9割がサトウキビだという。

島内のほとんどの畑で、サトウキビが倒れたり葉が裂けたりするなどの被害が出ており、ほかにも、露地栽培のオクラや収穫前のマンゴーが強風にあおられて落下する被害も出ている。

宮古島市によれば、今回の台風は雨の量が少なく、強風でかかった海水の塩で作物が枯れるおそれもあることから農家に対して水をまくよう呼びかけている。

以上、報道より参照

 

 
 

 

農作物被害が2億6000万円余 台風6号 宮古島市

台風6号の動きが遅く、3日間、暴風警報が出た宮古島市では、サトウキビが倒れるなど農作物の被害が2億6000万円あまりにのぼることが分かりました。

[ 2021年7月26日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧