アイコン 6月の近畿圏の新築分譲マンションの発売動向 ▲27.2%減


不動産経済研究所が発表した近畿圏の分譲マンションの発売状況は次のとおり。
◎発売は▲27.2%減の1,261戸。3ヶ月ぶりに前年同月を下回る。
◎m2単価は2ヶ月連続のアップ、6月としては調査開始以来の最高値。
◎契約率は70.3%と堅調。70%超は2ヶ月連続。

1、発売戸数
発売戸数は1,261戸、対前年同月の1,731戸比では▲470戸減、率では▲27.2%減、対前月の1,379戸)と比べ118戸減、率にして8.6%減。

2、地域別戸数シェアは、
大阪市部は42.0%、
大阪府下は18.1%、
神戸市部は2.3%、
兵庫県下は4.2%、
京都市部は16.9%、
京都府下は1.7%、
奈良県は6.5%、
滋賀県は5.6%、
和歌山県は2.8%。

 

スポンサーリンク

3、契約率
契約率は70.3%、前年同月比▲2.9ポイントダウン、前月比では▲1.7ポイントダウン。
22/5月72.0%、22/4月59.8%。

4、平均価格・m2単価
1戸当りの平均価格は4,422万円、1m2当り単価は75.0万円。
前年同月比では、価格は▲150万円ダウン、率は▲3.3%ダウン、
m2単価は1.8万円上昇、率にして2.5%上昇。

5、地域別平均価格・m2単価
大阪市部はの平均価格は前年同月比▲15.0%減の4,122万円、㎡単価は同比4.1%アップの86.8万円、
大阪府下は▲1.3%安の4,371万円、4.3%高の63.7万円
神戸市部は23.2%高の4,333万円、▲27.6%安の61.7万円
兵庫県下は▲24.9%安の4,853万円、▲15.2%安の67.9万円
京都市部は▲8.0%安の5,277万円、2.5%高の87.4万円
京都府下は2.0%高の4,212万円、0.4%高の55.3万円、
奈良県は17.6%高の4,601万円、39.2%高の66.7万円、
滋賀県は15.2%高の4,120万円、11.6%高の57.7万円
和歌山県は▲5.3%安の3,824万円、8.6%高の53.0万円

6、即日完売物件(4物件31戸)
(1)ジオ池田城南レジデンス 1期 2・3次 3戸
 大阪・池田市 5,977万円 85.9万円 平均1倍 最高1倍
(2)ジオ高槻 1期 2〜4次 3戸
 大阪・高槻市 8,203万円 112.1万円 平均1倍 最高1倍
(3)メイツ京都西大路 1期 1・2次 24戸
 京都・南区 5,211万円 72.9万円 平均1.1倍 最高3倍

7、販売在庫数
6月末時点 3,583戸、前月末比26戸の減少('22年5月末 3,609戸、'21年6月末 3,484戸)。

8、7月の発売戸数予測
7月の発売戸数は1,300戸程度の見込み。
('21年7月1,950戸、'20年7月921戸、'19年7月1,788戸、'18年7月1,514戸)。

9、6月のマンション市況の特徴
供給増は京都市部、京都府下、奈良県、和歌山県のみ。
先月と同様に大阪市部のタワーと京都中心部が単価を牽引。
単価は6月としては調査開始(1973年)以来の最高値。

[ 2022年7月22日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧