アイコン 対外純資産328兆円 27年連続世界最大

 

 

財務省が25日発表した2017年末の対外資産・負債残高によると、日本の企業や政府、個人が海外に持つ資産から負債を引いた対外純資産残高は、2016年末比▲2.3%減の328兆4,470億円だった。ただ、3年連続で前年を下回った。(為替に大きく影響される)

これは、海外投資家による日本株の取得や株価上昇などを背景に、負債の増加が資産の増加を上回ったことによるもの。ただ、27年連続で世界最大の債権国の座は維持した。麻生財務相が25日の閣議で報告した。

対外資産残高は2.7%増の1,012兆4,310億円だった。
国内企業がM&A(合併・買収)などを通じて海外資産の取得を進め、直接投資が増えた。個人や企業による外国株式などへの投資も活発だった。

海外から日本への投資などを示す対外負債残高は5.2%増の683兆9,840億円だった。
海外投資家による日本株や国内債の新規取得が増えたほか、日本株が年末にかけて上昇基調を強めたことで海外投資家の持つ資産の評価額も増えた。
以上、
 

スポンサード リンク
2017年 日本の対外資産・対外負債のバランスシート
 
対外資産
対外負債
/億円
2017年末
前年比
2017年末
前年比
直接投資
1,746,990
158,130
285,550
3,230
証券投資
4,634,170
219,960
3,776,870
524,740
金融派生商品
338,340
-96,160
339,410
-115,300
その他投資
1,980,750
-18,960
2,438,010
-72,650
外貨準備
1,424,060
-1,540
 
 
合計
10,124,310
261,420
6,839,840
340,010
 
 
海外純資産
3,284,470
-78,590
換算値
ドル円は2016年末117.11円、2017年末112.65円、
ユーロ円は2016年末12.43円、2017年末135.07円

スポンサード リンク
[ 2018年5月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ