アイコン 中国 7月の対米貿易黒字11%増 貿易制裁340億ドル相当制裁下

 

 

中国の7月の米国に対する貿易黒字は、トランプ政権が7月6日から340億ドル規模の輸入品に関税を上乗せする制裁措置を発動したにもかかわらず、前年同月比で11%増加、米国側が貿易問題に対する姿勢をさらに強めることも予想される。

原因は2つ、
一つ目は、米景気がすこぶる好調なことから、25%という高額な関税追加分が附されても輸入する米企業が圧倒的に多いことにある。
2つ目は、米国内で製造するところがなく、中国以外からも調達が難しく、中国から購入をせざるを得ない物品が多いことにある。
具体的には、米国企業が中国で生産しているモノが米国への輸出の2/3に達するとされ、関税に関係なく、否応なく輸入するしかない米企業が多い(アップル・DELL・ナイキシューズなどなど)ことにある。

中国の税関総署が8日、発表した7月の貿易統計によると、米国との貿易では前年同月比で輸出の伸びが輸入の伸びをわずかに上回った。

スポンサード リンク

その結果、中国の米国に対する貿易黒字は前年同月比11%増の280億9千万ドル(3兆円余り)となった。

米トランプ政権は7月6日、301条知的財産権の侵害を理由に、中国からの340億ドル規模の輸入品に25%の関税を上乗せする制裁措置を発動した。
これに対して中国側も即座に同じ規模の報復措置で応じた。
米トランプ政権は、残りの140億ドル分と、中国の報復に対するさらなる制裁で2000億ドル規模の輸入品に関税を上乗せする手続きを進めている。
こうした中、中国の対米黒字の増加に歯止めがかからない状況が明らかになり、貿易問題に対する姿勢を一段と強めることも予想される。
以上、

いくら制裁しても、米景気が絶好調の中、米企業が中国で膨大な米国向け輸出品を製造する限り減少しない。(簡単には製造基地を中国外へ移転できない。アップル製品を中国で製造する鴻海=FOXCONNは深センを核に120万人を雇用して組立製造している)

一方、中国全体の7月の貿易総額は、輸出入ともに二桁の伸びとなったことから、4,030億ドルと前年同月比18.8%も増えている。

スポンサード リンク
[ 2018年8月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ