アイコン 英国の肉 また馬肉など混入か 1/5不適格、羊・山羊・犬の肉?

 

 

英国で昨年、スーパーで販売されていた肉製品やレストランの肉料理のDNA検査を行ったところ、その5分の1超に、食品表示ラベルに記載がない動物の肉が含まれていたことが明らかになった。
英BBC放送が、英食品基準庁(FSA)に情報公開請求を行って入手した資料で発覚した。
BBCによると、FSAが2017年に検査した665品のうち145品で使われていた肉の一部、またはすべてが、表記されていない動物の肉だった。
検査対象となったのは、レストランやスーパーなど487店舗。

ただしFSAは、この検査はコンプライアンス(法令順守)違反が疑われる対象のみに行ったもので、「広範な食品業界を代表するものではない」と補足している。

スポンサード リンク

未記載の肉が見つかった145品のうち約半数は、スーパー3店舗を含む小売店の商品。また50品はレストランで、22品は食品製造業者からのものだった。

中には4種類の動物のDNAが見つかったり、食品表示ラベルに記載されている肉がまったく含まれていなかったりするものもあった。

来年3月に英国が離脱する欧州連合(EU)は、2013年に発覚した馬肉混入問題を繰り返さないために昨年、域内全体で食品業界の監視を強化した。
2013の事件では、牛肉や豚肉と偽装表示された馬肉が欧州全土のスーパーに大量に出回っていたことが発覚し、数百万人の消費者に衝撃を与え、大社会問題となった。
以上、
ほとぼり冷めたらまた偽装肉、英食品基準庁もよくも発表しなかったものだ。為政者側にとって、関係当局の検査体制がどうなっているんだぁと消費者が怒ることから、内密にしていたのだろう。しかし、内密にしていたら、不正肉の製造元、輸入元へ調査もできないだろうに。
ただ、韓国では食用犬や野良犬がおり、そうした肉の混入事件が過去発生していた。

 

スポンサード リンク
[ 2018年9月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ