アイコン 長崎  ガソリン 1リットルあたり165.5円に値上がり

 

 

今週のレギュラーガソリンの長崎県内の平均小売価格は、原油価格の上昇などを受けて、1リットルあたり、165.5円に値上がりし、3年11か月ぶりの高値水準になっている。

以上報道より参照

長崎県は離島が多く輸送費がかさむなどの理由で、全国平均より8円高く、都道府県別でに見ると、全国で最も高い県だ。

原油価格高騰の理由としては、アメリカのトランプ政権が、各国に対して来月までにイラン産原油の輸入を停止するよう求めている影響で国際的に原油価格が値上がりしていることに加え、外国為替市場で円安ドル高傾向となり輸入コストが上昇していることが主な要因。

これでは漁業船の燃料も高くなるわけだが、経費の高騰分を単純に価格に上乗せすることは困難だ。

トランプの気まぐれで各国が迷惑している。

 

 

 

スポンサード リンク


ガソリン 3年11か月ぶり高値

10月12日 11時21分

今週のレギュラーガソリンの長崎県内の平均小売価格は、原油価格の上昇などを受けて、1リットルあたり、165.5円に値上がりし、3年11か月ぶりの高値水準になっています。

スポンサード リンク
[ 2018年10月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ