アイコン 11月の現代と起亜の販売台数 ▲4.2%減と▲3.8%減 売上台数推移表つき

 

 

韓国の現代自動車は3日、国内と海外を合わせた11月の販売台数が前年同月比▲4.2%減の40万3381台だったと発表した。

国内販売が0.4%増の6万4131台、海外販売が▲5.0%減の33万9250台だった。
海外販売は貿易紛争にともなう中国の自動車市場の需要減や、トルコをはじめとする新興国の経済危機が影響し減少した。

今年に入ってから11月までの累計では、国内販売が前年同期比3.3%増の65万6243台、海外販売が同1.7%増の352万2019台だった。

 子会社・起亜自動車の国内と海外を合わせた11月の販売台数は、前年同月比▲3.8%減の24万7115台だった。
国内販売が▲0.7%減の4万8700台、海外販売が▲4.6%減の19万8415台だった。
 起亜の11月までの累計販売台数は、国内が前年同期比3.0%増の48万9500台、海外が1.8%増の208万1674台。
以上、

スポンサード リンク

昨年の中国は、現代+起亜での11月の販売台数は、THAAD問題から▲29.8%減の14.49万台であり、今年11月は回復させることができず、中国の今年7月から続く販売低迷に飲み込まれている。
  ブラジル・ロシア・トルコでは、為替問題もあり、経済低迷で車両販売が不振になるとともに、収益を悪化させている。
大市場の中国では、THAAD問題を克服できず、中国も米国ともども販売市場がピークアウトしており、その影響を受けている。さらに、両国とも強烈なインセンティブ販売が横行し、その対応もあり、収益悪化原因ともなっている。また、韓国生産車は、在庫も多くなってきている。

 

現代+起亜(現代グループ)の世界販売台数推移/単位:百台
 
現代
起亜
現代G合計
 
台数
前年比
台数
前年比
台数
前年比
2013年
47,215
7.3%
28,273
3.9%
75,488
5.9%
2014年
49,634
4.9%
30,416
7.6%
80,050
6.0%
2015年
49,648
0.0%
30,509
0.3%
80,157
0.1%
2016年
48,600
-2.1%
30,202
-1.0%
78,802
-1.7%
2017年
45,048
-6.5%
27,461
-7.8%
72,509
-7.0%
2018年の月別販売台数/単位:百台
 
現代
起亜
合計
2018,1~11
41,538
1.3%
25,669
1.8%
67,208
1.6%
1
3,342
-1.4%
2,051
5.2%
5,393
1.0%
2
3,101
-8.1%
1,959
-9.1%
5,061
-8.5%
3
3,970
1.6%
2,422
3.4%
6,392
2.3%
4
3,911
11.1%
2,400
9.3%
6,311
10.4%
5
3,870
5.7%
2,471
9.0%
6,341
6.9%
6
4,142
15.4%
2,512
5.9%
6,654
11.6%
7
3,396
-6.5%
2,308
5.1%
5,704
-2.1%
8
3,844
9.2%
2,236
-0.2%
6,080
5.5%
9
3,848
-6.6%
2,337
-6.4%
6,185
-6.5%
10
4,081
0.9%
2,502
4.2%
6,583
2.2%
11
4,033
-4.2%
2,471
-3.8%
6,504
-4.0%
12
 
 
 
 
 
 

スポンサード リンク
[ 2018年12月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ