アイコン 三菱電機子会社トーカン 部品の2割で不正 他社エスカレータにも使用

 

 

三菱電機の子会社によるゴム部品の品質不正で、問題の部品が三菱電機以外のメーカーや商社にも出荷され、エスカレータや家電製品などに幅広く使われていることが新たにわかった。
東海道新幹線を含む鉄道車両での採用がすでにわかっているが、不正の影響が一段と広がる見通しになった。三菱電機は不正に関する調査結果を4日にも公表する予定。

問題のゴム部品を製造していたのは、三菱電機が100%出資する子会社のトーカン(千葉県松戸市)。
関係者によると、問題の部品の大半は三菱電機の製品向けに出荷されていたが、別のメーカーや商社を通じて、エスカレータの手すりやローラー、家電やパソコンに使う電子機器の放熱絶縁ゴムなどにも使われている可能性がある。

スポンサード リンク

社内調査を進めた結果、出荷先と取り決めた品質基準より緩い社内基準で出荷したり、一部の品質検査をせずに出荷したりする不正が判明している。

硬度などの性能面で仕様を満たさないおそれがあるゴム部品が出荷されていた。
トーカンが手がけるゴム部品約1200種の2割ほどで不正があった可能性が高まったという。
以上、

非正規雇用ばかり増加し、品質など希薄な人たちが製造現場に増加したことに起因しているものと見られる。人が行うからこうした問題が発生する。ならば機械的にチェックする方法を考えるべきではなかろうか。
今や、不正をしてない大手製造会社を見つけるのに苦労するデタラメな日本品質基準となっている。

 

会社名
株式会社ト-カン
設 立
1935年3月12日
所在地
千葉県松戸市稔台六丁目2番地1 
代表者
代表取締役社長  松岡 達雄 
資本金
4億6000万円 
株 主
三菱電機株式会社(100%)
決算期
3月
従業員数
90名
取引銀行
三菱UFJ銀行
沿革
1935年3月
会社設立(東洋乾電池株式会社)
1972年
東洋高砂乾電池株式会社に社名変更
1983年12月
工業用ゴム製品を生産開始
1997年
手すりの色調の累計が400種類を越える
1998年11月
ISO14001 認証取得(登録番号 EC16J0008)
2002年1月
ISO9001  認証取得(登録番号 QC16J0007)
登録活動範囲:エスカレ-タ-用移動手摺及び
昇降機用ロ-ラ-の設計・開発及び製造
2003年4月
株式会社ト-カンに社名変更
2003年9月
ウレタン手すりの生産開始
2017年12月
手すりの累計販売20万本を越える

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ