アイコン 北、両江道ヨンジョドンミサイル基地近くの拡張工事続く

 

 

北朝鮮が内陸の山岳地帯にある長距離ミサイル基地を大幅に拡張していたことが、CNNが独占入手した衛星画像で明らかになった。

米国が、これまで5ヶ月にわたって北朝鮮の非核化に関する交渉を行ってきたにもかかわらず、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が目指す核弾頭の大量製造や配備をほとんど阻止できていない実態が、この画像で改めて浮き彫りになった。

衛星画像では、ヨンジョドンミサイル基地(中国国境から約20キロ地点)と、これまで未発見だった近隣の施設が継続的に増強されていることが分かった。
ヨンジョドンミサイル基地の存在については、米情報機関も把握していたが、米ミドルベリー国際大学院モントレー校の研究者によると、同基地から約11キロの地点に、これまでは確認されていなかった新施設が建設されていることが、衛星画像で判明した。

ミドルベリー研究所は、「ヨンジョドンミサイル基地では、依然として活動が続いている。さらに北朝鮮はこの1年の間に、別のミサイル基地と思われる近隣の施設を大幅に拡張していた」と述べ、この2つが別々の基地なのか、いずれかの支部なのかは分からないとしている。

スポンサード リンク

北朝鮮が2017年に建設した地下の巨大施設では、今年8月現在も建設作業が続いていることが判明している。

シンガポールで6月12日に行われた米朝首脳会談後も建設作業が続いていたことが窺えるとミドルベリー研究所の専門家は述べ、「金委員長が非核化の意思についてどんな発言をしようと、 北朝鮮は、核ミサイルの製造と配備を継続している」と指摘した。

国防相のローガン報道官はCNNの取材に対し、「我々は北朝鮮を注視しており、引き続き外交プロセスを支持する、情報にかかわる問題についてはコメントしない」としている。
以上、

11月には、米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は、北朝鮮が秘密裏にミサイル開発を継続しているという衛星写真分析結果を発表していた。
CSISは、北朝鮮の未申告(undeclared)ミサイル基地にはサッカンモル以外にも両江道と慈江道(チャガンド)、そして咸鏡南道(ハムギョンナムド)の上南里(サンナムリ)地下基地が含まれていると伝えた。

今回報じられた基地は、このうち両江道に該当するとみられ、既存の未申告施設以外に追加で拡張建設が進められていることを意味する。

米軍の軍事偵察衛星は原子力衛星があり、通常エネルギー消費の少ない高い高度を飛行させ、目的に対しては低空まで近付けて撮影している。そうしたことから、 軍部は詳細な情報を入手しているものと見られる。米軍のこうした軍事情報は機密であり、ほとんど外部に提供されない。 
例え、民間機の行方不明事件でも・・・、豪政府に米政府がフェイクニュースを流し、豪政府が発表し、各国の調査船を南極側に集結させ、結果、何も出てこず、ブラックボックス発信機の発信期間も終了し、各国の調査は終了した。

そ の為、こうしたシンクタンクの情報に基づき米有力各紙が報道しても、トランプ氏は、「(会談後)異常なこと(out ofthe normal)は、全く 起きなくなっている」と発言し、こうしたニュースはフェイクニュースだと一蹴している。米軍の最高司令官はトランプ大統領でもある。

北朝鮮には1 万ヶ所以上の地下洞・地下道があるという。それは朝鮮戦争における米軍機の絨毯爆撃により約100万人の民間人が犠牲になったことから、戦後設けられたも の。山でもどこでも穴だらけの北朝鮮、実際はミサイル基地の全体数などわかることもなかろう。それも移動式ミサイル発射台も多数保有しており、北が隠さず 自己申告してくれない限り、いくら原子力偵察衛星を所有していても、いったい何がどこにあるのかさえ皆目検討つかないのが実態。原子爆弾さえ20発・40 発・60発といろいろな研究機関の見解が示されるだけである。反撃を恐れないならば1発でも米本土を仕留めることができる。

1800年開校の米ミドルベリー大学の国際問題研究所、本校のバーモンド州ミドルベリーとカルフォルニア州のモントレー校がある。少数精鋭の超難関校として知られる私立校。

1207a.jpg北、両江道ヨンジョドン

スポンサード リンク
[ 2018年12月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ