アイコン 韓国徴用工判決問題 李首相作業部会を今頃設置 北朝鮮に隠れた文在寅氏

 

 

三菱重工の徴用工の裁判を韓国で一番速く提訴を手がけたのが文在寅 弁護士、現在の大統領だ。その文大統領は、10月30日新日鉄住金の確定判決でも黙秘、今日に至るまで当裁判について何も語っておらず、すべて李首相に投 げている。それまで李首相の存在すらほとんど報道されず、経済副首相の名が紙面を賑わせるぐらいだった。

韓国政府は4日、元徴用工の訴訟で日本企業への賠償を命じた最高裁判決を受け、対応策を取りまとめるタスクフォース(作業部会)を設置した。
韓国外交部関係者は、日本政府が「対抗措置」を検討しているという報道について、「事実であれば、失望感を禁じ得ない。わが政府としても必要な場合、対応措置を講じるしかない」とけん制した。

作業部会は、李洛淵首相が統括する国務調整室のほか、外務省、法務省などで構成されるという。韓国外交部当局者は「関係部署間の検討や、民間専門家との協議を通じ、できるだけ早く政府の方針を策定する計画だ」と説明している。

同当局者は「日韓関係は法だけで解決できない道徳的、歴史的背景があるにもかかわらず、日本側が『法的に終わったことなので、責任を負う必要もない』という態度を示すことは、両国関係にとって決して望ましくない」と主張した。
その上で「日本が韓国との関係を重視するなら、歴史問題に誠意をもって取り組むよう期待する」と訴えた。
以上、韓国紙参照

スポンサード リンク

韓国が日本を重視するならば、こうした判決は出させなかったはずだ。そうした動きをした朴前大統領を積弊清算で非難し牢獄に閉じ込め、当時、最高裁判事二人も逮捕させようとしているのが文在寅だ。

大統領就任直後にはツートラックなど発言しながら、現実に動いているのは、過去の歴史を穿り返し、自らの価値判断でワントラックだけの反日策動を続けている。
当人は、10万人とも20万人ともされる徴用工の反日裁判が、大統領任期期間どころか向こう5年以上続き、慰安婦問題も含め、反日でロウソク民心を引き付け続けることができ、これで韓国ロウソク民心教の信者たちはツートラックで反日を続けられ、教祖である文在寅政権は安泰とでも考えているのだろうか。
1000万円×20万人=2兆円なり
・・・大法院の判事たちも含め欲深い隣国の人たちだ。
それも自ら日本に仕事しに来た人たちの韓国における確定判決だ。

経団連前会長の東レは韓国大好き企業、日本に工場を建設せず、この間、韓国にばかり工場を建て、先般は、韓国政府から褒章まで頂戴していた。
その東レに、日韓の仲介役になってもらいたいものだ、当然、日本政府の意向が通るようにだ。
東レは韓国の徴用工リスト対象外の企業、徴用工問題に関係ないとして、大手を振って韓国でのさばっている。いずれ、東レの技術は韓国企業にすべて奪われることだろう。日本にかつて存在した家電メーカー各社のように・・・。歴史は繰り返される。

この人たちの祖先は、戦後、済州島での4.3事件、麗水・順天事件などで、自国民を平気で大量虐殺する事件を頻発させた。当地の多くの避難民たちが小さなボロボロの木造船で九州へ逃れ、大阪あたりまで逃れた人たちは今でも帰らず、大阪・京都あたりまでの沿線沿いに、日本に帰化して住んでいる。逃げる際、遭難した人たちの多くは玄界灘に沈んだままになっている。日本の戦国時代ではあるまいし、自国民を平気で大量殺人する人たちの倅たちが今の世を動かしている。そのまた倅たち=:現在の若者の時代の世にならなければ変わりようがなかろう。しかし、教育と放送規制や反日メディアにより洗脳されており、まだだめなようで、防弾少年団に至っては、事務所が形式的に謝罪しただけで、本人たちは一切、ユダヤにも原爆犠牲者に対しても謝罪しておらず、それをまた現在の韓国の若者たちは高く評価している。反日を拠り所にしかできない国民に仕立て上げられているようだ。

影響を与える反日教育もまた自国民大虐殺魔の李承晩の時代から続けられている。朝鮮日報社は、最後は米国へ逃亡した虐殺魔の李承晩を見直そう・再評価しようとする急先鋒でもある。
結果、サッカー場一面をゴールポストで埋め尽くす文政権にあり、本来のサッカーもできない。未来指向というゴールポスト1個だけにしなければ、付き合えもできない。洗脳したロウソク民心教の教祖として文在寅氏は、1個を残し全部のゴールポストを撤去することもできない。
そこまで韓国民を洗脳した文在寅氏の自国民に対する大勝利と言えようか。
その民族性から韓国に新興宗教がやたら多いのもなんとなく理解できる。

1204_01.jpg
韓国で製作されたトンデモ映画「軍艦島」

スポンサード リンク
[ 2018年12月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ