アイコン 昭光通商 循環取引架空売上計上で課徴金2400万円へ

 

 

化学大手の「昭和電工」グループ会社で東証一部の「昭光通商」が、4年前から合わせて130億円余りの売り上げを水増ししたなどとして、証券取引等監視委員会は2400万円の課徴金を科すよう金融庁に勧告した。

昭光通商は4年前に買収した子会社が、実際には債務超過だったのに、10億円の損失を決算に計上しなかったほか、この子会社が一昨年9月までの間に、複数の関係会社と繰り返した架空の循環取引による売り上げ、合わせて130億円余りを水増しして計上していたという。

このため、監視委員会はこの会社が有価証券報告書に嘘の記載をしていたとして、2400万円の課徴金を科すよう金融庁に勧告した。

以上、

スポンサード リンク

メーカーの不正データと同じ現象

証券取引等監視委員会ら司法権をどうして持たせないのだろうか。仕事を作りたがる金融庁=政府。

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ