アイコン 日産、リオ住宅のゴーン氏姉を不当利益で訴訟 3金庫の私物持ち出し裁判所許可

 

 

ロイターは読売新聞の報道として、日産はゴーン容疑者の姉を不当利益で訴訟を起こしたという。

匿名の関係者の話として、日産自がゴーン容疑者の姉に対し、2002年から年間で約10万ドルを支払っていたと報じていた。報酬はアドバイザー業務の契約に基づくものという。

同裁判記録によると、ゴーン容疑者の姉は日産自がゴーン容疑者のために購入したリオデジャネイロの住宅に住み、管理していたほか、日産自へのアドバイザリー業務を行っていなかったという。

ゴーン容疑者一族の代表者からのコメントは現時点で得られていない。

スポンサード リンク

<私物持ち出し許可の裁判所決定>
また、リオの裁判所は12日、裁判所職員の立ち会いの下で、マンションからゴ―ン氏の私物を持ち出すことを許可する決定をした。
マンションからは施錠された金庫が三つ見つかっており、日産側は会社の金で不正に取得した資産が含まれている可能性があるとして、ゴーン容疑者の私物の持ち出しに反対してきた。

裁判所は今月、容疑者側の申請をいったん認めた後、日産側の異議申し立てを受けて却下していた。
日産子会社所有の高級マンションは、ブラジル有数のビーチリゾート、コパカバーナ海岸を見下ろす一室。ゴーン氏の姉が管理するとして居住していた。
以上、

日産としては、材料を出し尽くす計画なのだろう。しかし、時間とともにいろいろな情報が飛び交うようになってきている。基本は白人社会+ブラジル+アラブの報道機関はゴーン支持派だということ、やったからには徹底して遣り通し一切ブレないこと、パッシングを受けても惑わされないことだろうか。

ブラジルは、昔のような親近感は日本・ブラジルともない。ブラジルは政権不正が続き経済も崩壊寸前ゆとりもない。ゴーン氏はブラジルにも住んでいた。現在も姉が住んでいる。どこの国も自国利益=国益が最優先だ。自国利益より政権自らの利益を優先するのは日本だけだろう。
 

スポンサード リンク
[ 2018年12月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ