アイコン 昭文社 2割80人程度削減へリストラ 業績赤字修正 今やスマホにナビが付く時代

 

 

地図関連出版の「昭文社」は、スマートフォン向けの地図アプリが普及した影響で今年度の決算が赤字に転落する見通しになり、社員の2割に当たる80人程度の希望退職を募集する。

昭文社は、来年3月までの1年間の決算について業績見通しを下方修正し、最終的な損益が当初の黒字予想から一転して、▲6億円余りの赤字になる見込みだと発表した。

3年連続の赤字決算になる見通しで、会社では80人程度の希望退職を募集する。

対象となるのは、子供にお金がかかる世代で高賃金の45歳以上の社員、400人余りの社員の2割に当たる。

スポンサード リンク

昭文社は、全国各地の道路地図「スーパーマップル」や、ガイドブックの「まっぷる」などの出版を手がけているが、地図アプリを搭載したスマホの普及で販売が落ち込んでいる。

会社では、ガイドブックを制作するノウハウを生かして、海外旅行をする人に向けて宿泊や観光ツアーを手配するサービスなど出版以外の事業を強化して、業績の立て直しを図りたいとしている。

以上、                                                                                                      

サービス業への対応が遅い。

 

昭文社
連結/百万円
16/3期
17/3期
18/3期
19/3予
売上高
13,035
10,314
9,158
9340
営業利益
306
-2,276
-1,060
-305
経常利益
363
-2,206
-1,018
-240
当期利益
513
-3,423
-1,768
-635
総資産
28,063
24,550
22,188
 
自己資本
22,061
19,569
17,586
 
資本金
9,903
10,141
10,141
 
有利子負債
1,790
770
770
 
自己資本率
78.6%
79.7%
79.3%
 

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ