アイコン 新日鉄住金の韓国資産差し押さえへ 手続き申請 元徴用工判決 主導する挺対協

 

 

韓国の元徴用工らへの賠償を新日鉄住金に命じた昨年10月30日の韓国最高裁判決を受け、原告側が12月31日、大邱地裁浦項支部に差し押さえの手続き書類を提出し、同社資産(ポスコとの合弁会社PNRの出資株30%、11億円相当)の差し押さえ手続きに入った。

これについて、新日鉄住金は「事実であれば極めて遺憾だ。日本政府にも相談の上、適切に対応する」とコメントした。新日鉄住金は判決後、一貫して日韓両国の政府間交渉に解決を委ねる考えを表明している。
新日鉄住金は昨年11月、本社を訪問した原告側の弁護士が判決に従うよう申し入れようとした際に面会を拒否。その後、12月24日までに協議入りの意思を示すよう求められたが、これにも応じなかった。

 なお、日本政府に調査によると、原告らは戦前・戦時下、自主的に日本の企業に働きに来た人だという。ドイツも自主的な労働者に対しては基本、支払わない対象の人たちである。

スポンサード リンク

<元徴用工は韓国政府から支払いを受けている>欲深い人たち
元徴用工については、文在寅が片腕の最高実力者として盧武鉉政権を支えたが、盧武鉉政権は1965年条約で、日本は元徴用工に対する賠償金支払い終えていると認めており、韓国政府から元徴用工たちは2回(盧武鉉政権時と李明博時代)にわたって支払いを受けている。

<ドイツの場合>
韓国政府は元徴用工の賠償金を何が何でも日本からさらに巻き上げようと企んでいる。その参考例として、韓国人がこよなく愛するドイツを参考事例に持ち出している。

ドイツは第2次世界大戦でナチス政権が行った強制労働に対する賠償問題を解決するために、政府と企業による共同の財団を作った。170万人にのぼる元徴用工への補償金として計44億ユーロ(約5兆7千億ウォン/5456億円/124円換算/一人当たり32万1千円/支払いは2001年~2007年に行われた)が支払われた。
(ドイツは、それまで支払っておらず、裁判が起こされ、包括的に支払いに至った。日本は1965年に支払っている)
ましてや1000万円とは、何でも反日ロウソク民心最高裁判所の判決内容となっている。韓国の裁判所は挺対協の代理人のようである。

金融や政治などすべてわたり韓国式3権分立(すべて韓国有利)であり、世界常識の法に基づく裁判からかけ離れている。そのツケから韓国政府はハゲタカのローンスターやエリオットから訴えられている。反日大義の裁判ならばなおさらのことだろう。

<呆れ果ての韓国の場合>
12万人とも24万人ともされる元徴用工、その中には自主的に日本へ仕事をしに来た多くの人が存在する。
2018年10月30日の韓国大法院の新日鉄に対する確定判決では、一人平均1000万円となっている。
韓国式ロウソク民心裁判では、
1000万円×12万人=1.2兆円、
1000万円×24万円=2.4兆円
こよなく愛するドイツは一人当たり321,000円、自主的な労働者への支払いはない。
どうするのだろう。

<しっぺ返し>
2018年12月20日、元徴用工約1100人が、賠償金は韓国政府が受け取っているのだから、韓国政府が支払えと韓国政府を相手取り訴訟を起こしている。
今後、何十万人も韓国政府を相手取り訴訟を起こすものと見られる。
韓国政府としては、最低賃金増による中小零細事業者対策として3兆円を使っている政権であり、支払うことだろう。

韓国紙によると時効も検討されている。当然、最新の告知であるロウソク民心裁判の判決が基点となり2018年10月30日の3年後2021年10月29日までとなる。反日の人たちであり、下手したら時効をなくす可能性すらある。

<韓国裁判所・韓国政府の反日の総元締め「挺対協」>
韓国で慰安婦像や徴用工像、元徴用工対日請求を主導している「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協/理事長:尹美香/初代:尹貞玉)。
反日団体どころか、北朝鮮派であり、韓国政府の国家情報院が一時監視団体に指定していたほど。文在寅や政権の閣僚らと仲良し。
尹美香は、夫とその妹が、日本で北朝鮮スパイと接触したとしてスパイ罪で逮捕され、挺対協も監視団体にされた。
挺対協は、ソウル市から調達した資金を(北朝鮮派の)「自主統一と民主主義のためのコリア連帯」に横流ししたとして告発もされていた。

民族性なのか被害妄想者が多く、当時の状況・生活環境をわきまえもせず、現代と戦中を同次元にして感情移入する人たちが劇的に多い多血な人たち。それに加え欲深い。
 

スポンサード リンク
[ 2019年1月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ