アイコン 米ハゲタカのKKK 日立国際を中国企業へ売却か

 

 

米プライベートエグイティのKKRは、日立国際電気の半導体装置事業の一部あるいは全部の売却を検討、中国大手企業と中国政府系ファンドが関心を示したもようと英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、日経子会社)が3日伝えた。
FTによると、関係筋は日立国際の事業取得に関心を示した中国系企業とファンドの名前を明らかにしていない。
日立国際はコメントの求めに応じていない。
KKRは2017年12月に日立国際を22億ドルで買収していた。
以上、報道参照

スポンサード リンク

米資本、米国が認可するのだろうか。こうした企業を中国は「製造2025」推進のためにも欲しがっているが、欧米では最先端技術会社の中国関係先への売却をほぼ禁止している。
日本政府は、中国様に対し、大股広げ、禁止する金の玉は持ち合わせていないだろう。
企業は日本、資本は米国、最先端企業の売却、どうすんのだろう。
東芝メモリでは米国様から中国への売却禁止要請を受け、中国関係者は東芝に排除させたが・・・・。

同社の業務内容は、無線通信システム、情報処理システム、放送システム、監視システム・画像処理、半導体製造装置。

 

日立国際 KKR売却前の決算推移
連結/百万円
14/3
15/3
16/3
17/3
売上高
165,327
185,181
180,740
171,857
税前利益
17,581
19,805
16,746
10,481
株主利益
15,592
17,471
12,998
7,459
総資産額
187,147
189,283
174,569
204,656
従業員数
4,976
4,943
4,980
4,962
 
それにしても、経団連の会長になる企業はこうもろくでもない大企業が多いのだろうか。
前会長は日本に投資せず韓国ばかりに投資していた。現在の日立製作所は政府系ファンドに関連会社を買い取らせている。経団連会長としての節操もクソもない。
 
日立国際電気を日立製作所が売り飛ばしたら、社名変更させるのが当然だろう。
 

スポンサード リンク
[ 2019年2月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ