アイコン 続、長崎 2017年高2自殺 高校がJSC給付金を人質に 文科省直接関与を

 

 

長崎市の私立高校生2年だった男子生徒の自殺、親が26日に記者会見し、学校側の対応が明らかになってきた。
遺体発見の数日後に学校側が「突然死したことにした方が良いかもしれない」「転校したことにもできる」などと不適切な提案をしていたことを明らかにした。
学校側は第3者委員会を設置し、虐めがなかったのかどうか調査、第3者委員会は「自殺は同級生のいじめが主要因」と報告書を提出した。
しかし、学校側は、虐めを否認し、この報告書の内容を認めないことを決定した。

また、学校外の自殺でも死亡見舞金が支払われる災害共済給付制度を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)への給付申請期限は4月に迫るが、申請権限がある学校側は応じていない。JSCも想定していないことが発生している。

学校側は、遺族に対して、損害賠償請求権の放棄を条件に、申請を持ちかけているという。
以上、

スポンサード リンク

学校側の対応は、虐め問題以前の問題だ。

ここまでくれば、これまでの実績から長崎県総務部学事振興室に対応できるはずもなく、学校側はJSCを人質に取っており、JSCの管轄もする文科省が直接乗り出すしかないだろう。

別途、損害賠償請求訴訟を起こし、懲罰的な賠償額の判決が下りるようにする必要があろうか。
 

スポンサード リンク
[ 2019年2月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ