アイコン NHKいだてん出演中のピエール瀧を麻薬使用容疑で逮捕 コカイン

 

 

電気グループかつ俳優でNHK放映の「いだてん」出演中のピエール瀧を麻薬で逮捕 コカイン使用。「陸王」にも出演していた。
厚生労働省麻薬取締部は、電気グループのミュージシャンや俳優として活動しているピエール瀧容疑者(本名:瀧正則容疑者(51))が、コカインを使用したとして逮捕した。
調べに対して容疑を認めているということで麻薬取締部が入手ルートを調べている。

厚労省の関東信越厚生局麻薬取締部によると、違法薬物を使用しているという情報をもとに12日、瀧容疑者の自宅を捜索し、本人に任意同行を求めて尿検査を行ったところコカインの陽性反応が出たということで、麻薬取締法違反の疑いが持たれている。
麻薬取締部によりますと調べに対して「コカインを使用したことに間違いありません」などと供述し容疑を認めているという。

スポンサード リンク

ピエール瀧容疑者は、
1989年にバンド「電気グルーヴ」を結成し海外でもツアーを行って人気を集めていた。
また、俳優としても幅広い役を演じていて映画やドラマなどに数多く出演し、映画「凶悪」では日本アカデミー賞の優秀助演男優賞を受賞した。
現在放送中のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」にも出演している。

コカインは、
南米原産のコカという植物の葉の成分が原料で、多くは無色や白色の粉末。
覚醒剤と同じように神経を興奮させ幻覚症状があらわれる。また、一般的には覚醒剤に比べて持続する時間が短いため、一日に何度も使用するケースがあり、大量に摂取した場合死亡することもあるという。国内では覚醒剤に比べて押収量は少ないものの、海外から1度に100キロ以上が密輸される事件も起きている。
コカ・コーラの名の由来になったとされ、1900年前後、実際コカが微量入っていた説もあるが、コカ社は否定している。
中南米のペルーやコロンビアが主生産国で、アメリカにも大量に流入し、安価に手に入り、中毒者も多いとされる。伝説の麻薬王パブロ・エスコバルがいた。映画シーンで、鼻でヤクを吸うやつがコカイン。
以上、

人様に危害を加えたほけではないが、麻薬はいずれ自らを蝕む。また、その購入資金が麻薬の犯罪組織を育成することになる。
 

スポンサード リンク
[ 2019年3月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ