アイコン 北海道渡島の中学校 アンケート内容を体罰教諭に伝えた教頭処分されず 生徒転校

 

 

北海道の公立中学校でプライバシーの保護を条件に行われた調査で、体罰を受けたと回答した生徒の実名を教頭が、当事者の教諭に伝えていたことが北海道教育委員会への取材でわかったと報道されている。
その後、体罰教諭は、生徒を蹴るようなそぶりをするなど不適切な行為を行い、生徒は不登校となり、転校した。
昨年1月、北海道南部の渡島管内の公立中学校で全校生徒を対象にプライバシーの保護を条件に行われた体罰に関するアンケート調査で、男子生徒の1人が「部活の顧問による体罰がある」と実名で回答し、教頭がその内容を顧問の51歳の男性教諭に伝えていたという。

男性教諭はその日、男子生徒に対し「体罰の例を見せてやる」などと言って体育教官室の床に寝かせ、複数回、腹部を蹴るようなそぶりをするなど不適切な行為を行ったという。

男子生徒は、その後、不登校となり、別の中学校に転校したということで、教育委員会は精神的な苦痛を与えたとして男性教諭を26日付けで減給の懲戒処分にした。

スポンサード リンク

一方、生徒の情報を伝えた教頭の責任について、教育委員会は「対応が適切だったとは言えないが、事実を確認するためにはある程度の情報を本人に伝えることもやむをえない場合もある」とし、処分対象にはあたらないとしている。
以上、

都道府県が管轄するものの、独立機関である教育委員会は、誰が処分することができるのだろうか。不祥事続きの文科省の弱体化が最大の問題だろう。
今時、お飾りの派閥・年功序列の大臣では、教育行政は悪化するばかり。竹島を教科書に書かせ自己満足している与党にすべての問題がある。

スポンサード リンク
[ 2019年3月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ