アイコン 長崎県の中学校生徒 先生から暴力、同級生から虐め 自殺未遂事件

 

 

長崎県教育委員会は26日、県内の公立中学校の男性教諭(40)が顧問を務める男子バレーボール部の生徒(14)に体罰を行ったとして、同日付で教諭を停職1月、校長(55)を戒告の懲戒処分としたと発表した。

県教委によると、教諭は2018年5月13日と今年1月11日、部活動中に宿題を提出していない生徒を指導する際、足で蹴ったり、手に持っていたシューズで頭をたたくなどした。生徒は翌12日に自宅の2階から飛び降り自殺をはかり、腰の骨を折る重傷を負った。

自宅には遺書があり、体罰のほか同級生から虐めを受けていたことなどが書かれていた。学校は虐め対策委員会を設置。調査の結果、同級生1人からの虐めがあったと認定した。

以上、

スポンサード リンク

この教諭、ほかにも殴った生徒が仰山いたのではないだろうか、調べたのだろうか。

先生はワル生徒と一緒で弱い者を苛める傾向がある。

スポンサード リンク
[ 2019年3月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ