アイコン 今週のアクセスが多かった倒産・ニュース<4月7日~>

 

 

今週のアクセスが多かった倒産・ニュースを紹介。

今週、もっとも注目された記事は、「十一の奈良漬」の黒田食品の倒産記事。

 

一般ニュースで話題だったのは、2024年度の紙幣変更の発表。

実に20年ぶりの紙幣変更となるわけで、現在16歳以下の子供らや当時の記憶がない子供たちからすれば初の体験となる。

渋沢一栄 一万円

 

 

 

スポンサード リンク
 

追報:「十一の奈良漬」の黒田食品(株)(兵庫)/事業停止 破綻

漬物製造の黒田食品(株)(兵庫県神戸市兵庫区七宮町1-5-11、代表:黒田武伸)と関連の東京黒田食品(株)(同、同)は4月5日、事後処理を石丸鐵太郎弁護士(電話078-335-0818)ほかに一任して、事業を停止した。

負債額は黒田食品が約9億円、東京黒田食品が約1億円。

 

アールズ(株)(宮城)/自己破産へ 負債額22億円

クリーニング店展開と飲食店運営のアールズ(株)(宮城県仙台市若林区卸町東1-3-10、代表:山内伸夫)は4月8日事業停止、事後処理を橋本芳則弁護士(電話06-6364-6411)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約22億円。

 

印刷業の(株)タカラ(東京)/自己破産へ  福島工場あり

印刷業の(株)タカラ(東京都文京区本郷)は4月8日、事後処理を五藤昭雄弁護士(電話03-3551-5992)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約4億円。

 

(株)NOMURA(京都)/自己破産へ

土木工事の(株)NOMURA(京都市伏見区羽束師古川町7、代表:野村信之助)は4月2日事業停止、事後処理を大竹夏夫弁護士(電話03-3512-0150)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入っている。

 

建てようにも建てられない条約違反の韓国の日本大使館

「外交関係に関するウィーン条約」第22条第2項に「接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため、及び、公館の安寧の妨害、又は、公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。」

日本政府が2013年から進めてきた在韓日本大使館の新築を事実上、放棄したことが分かったと朝鮮日報が次のように報じている。

 

4月の福岡県知事選 保守大分裂、小川現知事に公明応援 自民竹内氏公認

自民党の1月の世論調査で現職の小川洋福岡県知事(69歳/選挙は3期目/経歴:経産省・特許庁長官)が過半数を占め、さらに2月中旬極秘で行われた再度の世論調査でも小川氏がさらに竹内和久氏(47歳/元厚労官僚)氏に差を広げた結果が出たという。

 

 

スポンサード リンク

[ 2019年4月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ