アイコン 消費税脱税で告発 アニメ制作「ティーエーピー」 と熊瀬哲郎氏

 

 

東京国税局は10日までに、国内取引と国外取引の税制の違いを悪用し、消費税約3000万円を脱税したとして、消費税法違反の疑いで、アニメ制作会社「ティーエーピー」(東京都杉並区)と、実質経営者の熊瀬哲郎氏(68)を東京地検に告発した。

ティー社は、別のアニメ会社から受注した原画や動画の制作を、消費税が掛からない中国や韓国の下請け業者に発注したのに、複数の国内会社に発注したように偽装し、消費税の控除額を水増し申告し、2018年6月までの2年間で、計約3000万円の納付を免れた疑いが持たれている。

国内会社は、いずれも熊瀬氏らが代表を務めるペーパーカンパニーで、熊瀬氏はティー社宛ての虚偽の請求書を作成。納付を免れた3000万円を、ティー社の事業資金や、私的な住宅ローンの返済費に充てるなどしていたという。
以上、

スポンサード リンク

3000万円で地検告発とは政治力0なのだろう。通常、修正申告だけで免れるが、それとも悪質すぎるとみなされたのだろうか。
熊瀬哲郎氏は、トランス・アーツ出身で、忍者ハットリくんやパーマンなど数多くのアニメを制作や制作協力を行う(株)ムークアニメーション(1986年設立、東京都稲城市)の経営者、関連会社で海外電送動仕事業の(株)ティーエーピー社、中国に圓造カートン有限公司などの子会社を有している。

若草のシャルロットなどのアニメ監督、多くのアニメプロデュース、アニメ制作支援などのアニメ界の重鎮となっている。

 

 
[ 2019年6月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ