アイコン 2019年/路線価、全国平均+1.3%に伸び拡大

 

 

ロイター。国税庁が1日発表した2019年分の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比1.3%上昇となり、18年の同0.7%上昇から伸び率が拡大した。前年比のプラスは4年連続。

47都道府県のうち、前年比で上昇したのは19都道府県で、昨年の18都道府県から増えた。このうち沖縄県は同8.3%上昇と前年に続いて全国で最も高い上昇率を記録した。一方、下落は27県で、昨年の29県から減少した。横ばいは1県だった。

以上報道より参照

沖縄県に次いで上昇率が高かったのは東京都の同4.9%上昇、宮城県の同4.4%上昇、福岡県の同3.6%上昇、京都府の同3.1%上昇の順。

 

スポンサード リンク

<<都道府県庁所在地都市の最高路線価>>

1:東京都中央区銀座5丁目 銀座中央通り         4560( 2.9%)

2:大阪市北区角田町 御堂筋               1600(27.4%)

3:横浜市西区南幸1丁目 横浜駅西口バスターミナル前通り 1160(13.3%)

4:名古屋市中村区名駅1丁目 名駅通り          1104(10.4%)

5:福岡市中央区天神2丁目 渡辺通り            787(12.4%)

(1平方メートル当たり、単位万円、カッコ内は前年比上昇率 )

 

ロイター
https://jp.reuters.com/article/land-price-idJPKCN1TW16A

[東京 1日 ロイター] - 国税庁が1日発表した2019年分の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比1.3%上昇となり、18年の同0.7%上昇から伸び率が拡大した。前年比のプラスは4年連続。

47都道府県のうち、前年比で上昇したのは19都道府県で、昨年の18都道府県から増えた。このうち沖縄県は同8.3%上昇と前年に続いて全国で最も高い上昇率を記録した。一方、下落は27県で、昨年の29県から減少した。横ばいは1県だった。
 

 
[ 2019年7月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ