アイコン セブンペイ 新規登録停止を準備 被害者へ補償も

 

 

7月4日、セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・ペイの小林強社長はスマートフォンを使った決済サービス「セブンペイ」への不正アクセス問題に関する記者会見で「新規登録を停止する準備をしている」と述べたことがわかった。

既にクレジットカードやデビットカードのチャージは停止しているが、併せてセブン―イレブンの店頭のレジやセブン銀行のATMでの現金チャージ、電子マネー「nanaco」ポイントからのチャージについて、4日14時で停止するという。

今回セブンペイにおいて被害にあった顧客に全ての被害を補償する方針も示している。



 

スポンサード リンク
 

今回、キャッシュカードを紐付するアプリの性質上、セキュリティ等をもっと上げておくべきであった。

ユーザー登録をあまりにも簡単にし過ぎた結果、不正側からも簡単に突破されてしまったわけだ。

したがって、セブン&アイ・ホールディングスという大手の不正アクセス被害により、キャッシュレスに対する不信感が増したのではないか。

4日6時時点で被害人数は約900人、被害額は約5500万円としている。

 

以下はツイッターによる不正アクセス報告一例。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年7月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ