アイコン フェイスブック 5.4億件の個人情報見放題 メキシコのIT企業に売却した分

 

 

欲深いフェイスブックのマーク・ザッカーバーグは、FBを利用する客に個人情報を登録させ利用させているが、登録した利用者の許可を得ずして、世界のいろいろな企業にその個人情報を売却して大儲けしていた。

世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックの利用者の氏名や投稿へのコメントといった5億4000万件を超える個人データが、外部からアクセスできる状態だったことがセキュリティー対策会社の調べで分かった。
オーストラリアのセキュリティー対策会社によると、フェイスブックの利用者の個人データが、アマゾン・ドット・コムのサーバーにいわば放置され、外部からアクセスできる状態だったという。

スポンサード リンク

これらのデータは利用者の氏名や投稿へのコメント、「いいね」を押した内容など合わせて5億4000万件を超え、メキシコのアプリ開発会社がかつて取得したものだとしている。

フェイスブックは2014年までは利用者とその友人の個人データをアプリ開発会社が取得することを認めていた。
昨年3月にはイギリスの大学教授が2013年に開発した性格判断用のアプリをめぐり、ダウンロードした利用者ら最大8700万人の個人データが外部に流出したことが発覚した。

また3月には数億人規模の利用者のパスワードがフェイスブックの社員であれば見ることができる状態にあったことも分かっている。
フェイスブックは3日、問題のサーバーに保存された個人データを削除したと説明しているが、セキュリティー対策会社は「利用者のデータはフェイスブック以外に拡散しており、より幅広い対策が必要だ」と警告している。

 

スポンサード リンク
[ 2019年4月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ