アイコン 埼玉県 トラックの荷台から鉄骨が落下、対向車の運転手死亡

 

スポンサード リンク
 
 

23日午後10時10分ごろ、埼玉県吉川市上内川の県道で、走行中の大型トラックの荷台から積み荷の鉄骨が落下し、対向車線を走っていた同市美南1丁目の会社員(51)が運転する軽乗用車にぶつかる事故が起き、軽乗用車は大破。

全身を強く打って病院に運ばれたが、死亡が確認された。

吉川署は、大型トラックを運転していた新潟県三条市滝谷の会社員(45)を容疑者として自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、容疑を同致死に切り替えて調べている。

以上報道より参照

吉川署によれば、幅1メートル長さ10メートルほどの鉄骨が5本、道路に落下、荷台に固定していたワイヤが切れていたという。

 

[ 2019年7月24日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ