アイコン マッキンゼー アジアに債務危機再来の「不吉」な兆候と警告

 

スポンサード リンク

アジアが通貨(債務)危機に見舞われてから20年余りたった今、危機再来の「不吉」な兆候が見られると、グローバルコンサルティング会社マッキンゼーが警告している。

  マッキンゼーは8月のリポートで懸念材料の一部として、債務の拡大や借り入れ返済のストレス、銀行の脆弱(ぜいじゃく)性、シャドーバンキング(影の銀行)慣行を指摘。
こうした圧力の高まりが「新たな危機を引き起こすのに十分」かどうかは現時点で不明だが、政府と企業は潜在的な要因を注視する必要があると、執筆者のジョイディープ・セングプタ、アーチャナ・セシャドリナサンの両氏が指摘した。
 
  マッキンゼーはアジア太平洋11ヶ国・地域の企業2万3000社余りのバランスシートを調査し、これら大半の国・地域で企業が債務返済上の「大きなストレス」に直面している現状を把握した。
中国やインドなどではこうした圧力が、リーマンショック前年の2007年以降高まってきたが、米国や英国では急速に低下しているという。
 今回の分析では、インタレスト・カバレッジ・レシオ(会社の借入金等の利息の支払い能力を測るための指標)が1.5倍未満の企業が保有する長期債務の割合に注目した。
この水準では、企業は利益の大部分を債務返済に充てているという。
2017年に中国、インド、インドネシアでは、長期債務の25%超をこうした企業が抱えていた。

 

債務ストレス指数
インド
43
中国
37
インドネシア
32
オーストラリア
27
香港
26
韓国
20
マレーシア
16
タイ
17
シンガポール
8
フィリピン
2
日本
2
英国
26
米国
17
・2019年発表、マッキンゼー

 

インドネシアの状況 2019年
外貨準備高
億ドル
1,259.0
7月
10年もの国債
利率
7.35
 
対外債務
億ドル
3,875.9
7月
輸出
億ドル
154.5
7月
輸入
億ドル
155.1
7月
貿易収支
億ドル
-0.6
7月
経常収支
億ドル
-84.0
Q2
・韓国と軍事的に仲良し、中国寄りの闘争民主党政権
 
↓インドネシア 対円ルピア5年チャート
低迷し続けている/為替不安国
0821_03.jpg

 

[ 2019年8月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ