アイコン 米政権 中国に対し9月1日3千億ドル15%、10月1日25百億ドル30%

 

スポンサード リンク
 

日韓同様、米中も行き着くところまで行き着くしかない。
米通商代表部(USTR)は28日、トランプ大統領が提示した総額3000億ドルの中国製品に対する関税率10%を5%引き上げ、15%とする案を承認した。

具体的には、対象品目の一部に9月1日付で15%の関税を発動させ、スマホやパソコンなどを含む残りの品目に対しては12月15日付で15%の関税を発動させる。

トランプ政権は、従来は関税率を10%としていたが、中国商務省が23日、報復措置として米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5~10%の追加関税を課すと発表したこと受け、関税率を15%に引き上げるとしていた。

トランプ大統領はこの他に10月1日付で2500億ドル相当の中国製品に対する関税率を25%から30%に引き上げる方針も示している。

USTRはこの件については言及しなかったが、USTR報道官は、10月1日付での関税率引き上げ、およびこの件に関する意見公募に関して別途発表することを明らかにした。

USTRは、中国が対米追加関税措置を発表したことについて、「現時点で実施されている措置が適切でないことが示された」と指摘した。
「通貨切り下げに向けた具体的な措置」などを挙げ、中国の「不公平な政策と慣習」を非難した。その上で、中国は根底にある問題に対処せず、代わりに関税を引き上げ、報復措置を警告したとし、「これにより米経済は一段の阻害を受ける」とした。
以上、

感情丸出しのトランプは、通商貿易、金融、軍事など対中政策で強硬派ばかりをはべらしており、対中は激しくなるばかり。先般は、中国はアメリカにとっていらないとも述べていた。
日本は韓国に対してホワイト国から除外したが、それに対して感情丸出しの韓国はボイコットジャパンに事足りず、イージス艦まで持ち出してきた。こわっ。
最近は、GOSOMIA破棄は国家主権の問題だ、アメリカは黙ってろとアメリカにも恫喝を入れ始めた。北朝鮮よりこわっ。
 

[ 2019年8月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ