アイコン 領収書を作って公金を貰おう。(長崎県議会議員・中村和弥)

 

スポンサード リンク
 

長崎県議会議員・中村和弥詐欺の手口 その29

長崎の砂の真砂は尽きるとも、世に政務活動費の不正受給は尽きまじ。

中村和弥県議

きょう、5月13日午後1時30分から長崎県議会の会派代表者会議が行われる。

自由民主党県民会議・(徳永達也)自由民主党・(坂本智徳)改革21・(山口初實)
公明党・(麻生隆)共産党・(堀江ひとみ)県民・島民の会・(山田博司)オールながさき・(宮島大典)

上記、7名の侍(サムライ?)県議等が一堂に会して中村和弥事件を主に話し合いが行われる。

さて、長崎県議会に自浄能力があるか、ないか、県民ファーストか、はたまた県議会ファーストとなるのか長崎県民は長崎県議会の自浄努力に注視している。

さあ~山田博司県議、出番ですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=UmGADFH_hJs&feature=emb_logo

長崎県で政務活動費の不正といえば平成29年に判明した長崎市議会議員Y元市議のガソリン代領収書事件、長崎県議会議員・近藤智昭氏、坂本智徳氏等による宿泊費の不適切受給を思い出すが、確かにどれもこれもセコビッチ的ではあった。ただ、上記の3名はさすがに領収書を作ったりはしていない。

Y元市議は他人のガソリン代の領収書を使って政務活動費を不正に受け取ったとして詐欺罪と虚偽有印公文書作成・同行使で書類送検されたが、領収書を作ったりまではしていない。近くに落ちていた他人の領収書を拝借しただけである。

Y元市議は確かに他人のガソリン代領収書を使って政務活動費を不正に受け取ったことも事実だし、それが詐欺罪であることも事実である。

ただ、Y元市議が他人の領収書を「使った」のは出来心であり、中村和弥のように悪意をもって領収書を「作った」りはしていない。

他人の領収書を使うのと、他人の会社の領収書を悪意で作るのでは同じ詐欺ではあっても明らかに罪の大きさは違う。

長崎県議会議員であり領収書作成男・中村和弥は領収書を悪意を持って作り、長崎県から政務活動費として不正に受け取っていたことを既に自共している犯罪者である。

他人のガソリン代領収書使ったY元市議と不動産会社の領収書を無断で作って公金を騙し取った中村和弥県議、どちらの罪が重いかは自明である。

他人のガソリン代領収書をコスビッチに使ったY元市議が破廉恥な詐欺罪なら、他人の会社の領収書を悪意で作り公金を騙し取った中村和弥は反社会的大犯罪人である。

また、領収書作成男・中村和弥の詐欺行為と上記の近藤智昭氏、坂本智徳氏等による宿泊費の不適切受給とは本質的な性質を全くと言っていいほど異にするものである。

砂の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ。と、辞世の句を詠んだ流石の石川五右衛門でも、まさか領収書を作って公金を盗む砂屋の県議が現れるとは予想だにできなかったはずである。

日刊セイケイ・編集長・中山洋次

田上市長に告訴されていた長崎市議 辞職せず
http://n-seikei.jp/2017/09/post-46407.html

長崎県警 吉原日出雄長崎市会議員を詐欺罪等で書類送検へ 政活費不正
http://n-seikei.jp/2017/09/post-46407.html

天下のNHK 政務活動費長崎市は改革が相当遅れていると指摘
http://n-seikei.jp/2017/07/post-45268.html

[ 2020年5月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産