アイコン 追報:カラオケ店の(株)スカイグラウンド(札幌)/破産手続き開始決定 新型コロナ関連倒産

 

 
 

既報。(株)スカイグラウンド(所在地:札幌市中央区南7条西5丁目*** )は5月25日、札幌地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

カラオケ店の(株)スカイグラウンド(北海道札幌市中央区南7条西5***)は4月30日、申請処理を麻生有美子弁護士(電話011-281-0868)に一任して、札幌地方裁判所へ自己破産申請した。

同社は平成19年9月設立のそっぽ路の繁華街すすきので、カラオケ店「美食カラオケ空間 エルカーサ」の運営会社。小部屋から大部屋まであり、団体客にも好評を得ていたが、新コロナにより、3月から客が急減、4月もまったく回復せず、先行き見通しも立たないことから、事業継続を断念し、今回の事態に至った。

破産管財人には、後藤雄則弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和2年7月6日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年9月7日午前11時30分。

事件番号は令和2年(フ)第799号となっています。

 

既報記事
(株)スカイグラウンド(北海道)/自己破産申請 新型コロナ関連倒産

 

 



 

[ 2020年6月 2日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産