アイコン 三菱自動車 第1四半期生産再編で17百億円の赤字、通期36百億円赤字予想

 

スポンサード リンク
 

同社は長年パジェロを生産してきた子会社工場を閉鎖すると発表している。ダカールラリーなどに参戦し一世を風靡したパジェロは、経営陣とデザイン開発スタッフの失策により、パジェロ伝説は過去のものになってしまっている。日産のスカイラインと似た現象ともいえる。

同社はそうした閉鎖などに伴う生産体制の再編に基づき、連結子会社の生産用資産については、資産グループを他の生産用資産から区分し、帳簿価額を回収可能額まで減額。当該減損損失は、事業構造改革費用として計上している。当該事象の発生により、2020年6月期の連結決算において、減損損失▲115,916百万円は特別損失の「減損損失」に▲107,488百万円及び「事業構造改革費用」の内数として8,428百万円として計上している。

三菱自動車は数々の不正にさいなまれ、こん日があるが、最後の燃費不正、その前に、経営陣は開発が遅れているとして開発部長ら2人を首にした。開発現場も知らない経営陣が、株主の顔色ばかり気にして経営するサラリーマン経営者に成り下がり、その結果、燃費不正が発覚した。

三菱の製造業全体にいえることだが、聖域なき削減を開発部隊まで行い、技術陣が総崩れ、三菱重工では巨大コンテナ船の2つ折れ沈没事件、客船建造の大失敗、いつになっても飛ばない飛行機など目に余るものがある。三菱電機も品質不正、サイバー攻撃で技術情報流出など問題を抱えている。

経営陣は全員お祓いが必要だ。


スクロール→

三菱自動車 第1四半期

連結/百万円

売上高

営業利益

←率

経常利益

当期利益

20/3期Q1

536,164

3,857

0.72%

-1,397

9,312

21/3期Q1

229,545

-53,341

 

-58,711

-176,157

211201

-57.2%

 

 

 

 

21/3期予想

1,480,000

-140,000

 

-160,000

-360,000

203月期

2,270,276

12,788

 

-3,843

-25,779

21/20期比

-34.8%

 

 

 

 

19/3月期

2,514,594

111,815

 

119,850

132,871

18/3月期

2,192,389

98,201

 

110,127

107,619

21/3期QI

総資産

純資産

   

 

自己資本率

1,724,124

618,922

   

 

35.0%

 

[ 2020年7月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産