アイコン ANA 第1四半期▲1560億円の営業赤字 売上高▲75%減 日本航空は・・・

 

スポンサード リンク
 

ANAホールディングスが発表した4月から6月までの第1四半期の決算は、新コロナ感染症による国内の移動自粛、国海外の入国制限により前年同期比▲75%減と過去最大の売上高の減少により営業赤字は▲1590億円に達し、最終利益も▲1088億円の赤字となった。

 

スクロール→

 第1四半期

連結/百万円

売上高

営業利益

←率

経常利益

株主利益

20/3期Q1

500,508

16,173

3.23%

17,038

11,418

21/3期Q1

121,608

-159,065

 

-156,544

-108,819

211201

-75.7%

 

 

 

 

21/3期予想

発表なし

 

 

 

 

20/3月期

1,974,216

60,806

3.08%

59,358

27,655

19/3月期

2,058,312

165,019

8.02%

156,681

110,777

18/3月期

1,971,799

165,516

8.39%

160,636

143,887

 

一方、日本航空はすでに4~6月期は営業損益が▲1200億円規模の赤字(前年同期は210億円の黒字)となったもようと報道されている。四半期としての赤字額は2012年に再上場してから最大。新コロナ感染拡大で乗客が急減した。

新コロナにより各国が入国制限措置をとっている国際線だけでなく、国内線も移動自粛の影響を大きく受け、売上高は750億円前後と前年同期に比べて▲8割減。

 

[ 2020年7月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産