アイコン 米老舗百貨店ロード・アンド・テイラーが経営破たん ル・トートも

 

スポンサード リンク
 

米老舗百貨店のロード・アンド・テイラーは8月2日、米連邦破産法11条(日本に民事再生法に相当)の適用を申請して経営破綻した。

新型コロナウイルスの影響で全米の38店舗が営業休止となり、売上高が急減していた。

同社は1826年にニューヨークで創業し、米国で最も古い百貨店。

1900年代に全米の主要都市に店舗を広げたが、ネット通販の台頭などで近年は不振が続いていた。

2019年にニューヨーク5番街の旗艦店を閉鎖していた。

同年に米衣料品レンタルの新興企業ル・トート(カリフォルニア州)の傘下に入った。不採算店の閉鎖などで立て直しを図ったが、新コロナによる休業で破綻に追い込まれた。

親会社のル・トートも同日、連邦破産法11条の適用を申請した。

米国では、

米百貨店のバーニーズ・ニューヨークが経営破たん

百貨店のニーマン・マーカスが経営破綻 新型コロナで経営破たん

百貨店JCペニーが経営破綻

米百貨店メーシーズ、最大1200億円の営業赤字

 

米国式ハゲタカ経営は、利益が出ても株主がうるさく高配当させられ、自己資本の積み上げができない環境にある。そうしたことから、体質的に脆弱であり、事業環境悪化の影響を過度に受ける。

[ 2020年8月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産