アイコン 三菱自動車 国内最大600人リストラ 岡崎+水島など45歳以上管理職など対象


三菱自動車は、11月中旬から国内で500~600人規模の希望退職者を募集する。
7月に策定した中期経営計画で固定費を2割以上削減する方針を示しており、2022年度までの経営計画では、希望退職や再配置、新卒の採用抑制などで人件費を削減する方針を掲げ、財務体質の改善を図る計画。

新コロナ感染拡大による新車販売の不振が深刻で2021年3期は▲3600億円の純損失を計上する見通し。リストラにより構造改革を急ぐ。
希望退職は、本社や岡崎製作所(愛知県)、水島製作所(岡山県)などで働く45歳以上の管理職などの社員が対象。
以上、

売れるデザインの車造りをしなければいつまでたっても売れない。今や性能はどこも似たり寄ったり、デザインとユーティリティが勝負を分けている。EV先発組みでありながら、環境に煩い欧州や中国で展開しなければ売れない。それもダボハゼの韓国勢より限りなく安価に・・・。
リーダーがいない日産・三菱・ルノー連合、羅針盤役がいない。どこへ飛んでいってしまうのだろうか。巷では自動車革命が進んでいる、三菱にしろ、日産にしろ、強力なリーダーが求められている。トヨタの二番煎じの賞味期限切れの役者をCMに使う異常さ、日産おわったか。
①正規雇用者、⇒②低賃金の非正規雇用者導入(利益捻出)、⇒③契約社員切り(利益捻出)、⇒④正規雇用者さらに削減(利益捻出)、⇒次の段階で⑤聖域なき削減により技術劣化(赤血も出ず)⇒市場淘汰←・・・三菱グループの製造業全体の道程を進んでいる。

スポンサーリンク

<三菱自動車の業績推移と今期予想>


スクロール→

連結/百万円

18/3

19/3

20/3

21/3

売上高

2,192,389

2,514,594

2,270,276

1,480,000

営業利益

98,201

111,815

12,788

-140,000

 同率

4.48%

4.45%

0.56%

 

経常利益

110,127

119,850

-3,843

-160,000

当期利益

107,619

132,871

-25,779

-360,000

総資産

1,655,299

2,010,309

1,938,123

 

自己資本

780,969

871,785

772,664

 

資本金

284,382

284,382

284,382

 

有利子負債

26,572

228,718

275,775

 

自己資本率

47.2%

43.4%

39.9%

 

 

[ 2020年9月28日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧