アイコン パリのムハンマドの風刺画 中学教諭・首を切断される 犯人テロ射殺

 

スポンサード リンク
 

フランス・パリ近郊コンフランサントノリーヌの路上で16日、中学校の男性教員が男に刃物で襲われ、首を切断されて死亡した。
駆け付けた警察官が容疑者を現場近くで射殺し、フランスの対テロ検察が捜査を始めた。
被害者は中学の歴史教員で、授業でイスラム教の預言者ムハンマド=モハメットの風刺画を生徒に見せたと伝えられている。現場はパリから北西に約25キロ。

フランスでは風刺週刊紙シャルリエブドが9月、かつてイスラム教徒の反発を招き2015年1月、12人が殺害された同紙本社襲撃テロ事件のきっかけとなったムハンマドの風刺画を再掲載し、同25日、同紙旧本社前でパキスタン出身の男が、同社と関係ない男女2人を襲撃した。拘束された容疑者は調べに対し、風刺画再掲載に反発した犯行で、本社移転を知らなかったと供述した。
以上、

国際ペンクラブが「勇気と表現の自由」賞を授与したとしても、自由にも節度がある。
政治家の風刺画は問題なかろうが、唯一神の宗教教祖に対する風刺画は信じる者は救われる国の概念もない信者たちによって攻撃を受けるリスクを生じる。政治家もヒトラーのように教祖と同じ位置に立っていることもある。紙一重。
ただ、信望者だろうが、信者だろうが、戦争だろうが、殺人はいかなる場合も力で相手の生命を奪う行為であり、決して許されるものではない。
日本でもどこでも宗教ほど怖いものはない。教団教祖は絶対君主でもある。銭儲け手段の教祖さんも多いが・・・。



 

[ 2020年10月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産