アイコン トランプ大統領71百万票取っても負けた6つの原因 現在の各州別票

2020年の米大統領選挙は空前の投票率と接戦になった。かつて人気が高かったオバマ大統領でも69百万票しかとっていなかったことから、今回の大統領選挙が如何に両陣営の戦いが激しかったか物語っている。
トランプの岩盤支持層は42%、危機感からか田舎の白人層が動き、トランプの票を大きく押し上げたのも事実ではないだろうか。
民主党のバイデン候補の勝利だが、勝たせたのは反トランプ派が実態ではないだろうか。

トランプ大統領の敗因は6つ。



 

スポンサーリンク
 

1、コロナ軽視・・・最初から最後までコロナを軽視し、トランプ陣営は大統領選挙でマスクもせず、自らも感染し、現在、共和党応援団を中心に現在大量の感染者を出している。新コロナではすでに11万の死者を出し、これまでにも共和党支持者から多くの批判がなされていた。

自らの感染では、抗体治療を施し陰性化させたが、誰でも受けられる者ではなく現在のところでは超高額治療となっている。

2、ポピュリズム・・・2016年には圧倒的なパワー発言のポピュリズムで一世を風靡し勝利したが、敵・味方を区別し差別、自らに迎合するもののみ重用し、閣僚でさえそうでなければツイッターで首にしてきた。分断・差別、自らの価値基準でありとあらゆる対立構図を作り上げ相手を攻撃てきた。トランプ派は歓喜したが、反トランプ派は激怒するものばかりだった。そうしたことからも共和党支持者も造反し、逆に反トランプ派は結束した。

3、人種・差別問題・・・共和党は元々白人層に支持者が多く、一方でカラー人口は増え続けている。トランプ氏には白人中心主義の言動も多く、白人極右の活動を助長し、警察官の蛮行も批判せず、黒人たちを完全に敵に回した。多国籍、多民族国家の米国では、白人至上主義者は教会や極右団体などに限られ、これまでの自らの経済での貢献度を台無しにした。

4、66%という高い投票率・・・これまで選挙に諦めていた黒人等カラーの投票が投票率を大きく押し上げた。その結果、そうした票の大半がバイデン氏に流れ、バイデン勝利へ導いた。

5、女性・・・・票の半数を持つ女性を軽ろんじた。民主党女性議員や候補、支援者に対して攻撃の仕方が醜いほど辛辣で、隠れトランプ支持者を自ら減らした。女性芸能人さえ敵に回し、味方になる女性芸能人が皆無に近かった。

6、ラストベルト・・・貿易保護によりラストベルトが潤ったのは鉄鋼など一部の産業に限られ、トランプ時代に大型SUVは売れたものの自動車販売台数の伸びはほとんどなく、逆にGMなどは工場閉鎖を発表するなど、改善が見られなかった地域がほとんど、「もう一期やらせてくれ、どうにかするから」とラストベルト市民に訴えかけることもなく、自己自慢とバイデン・民主党批判に明け暮れ、ラストベルトでもトランプが負けてしまったことが敗因ともなっている。ミネソタ、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルバニア・・・

節度のないトランプ氏、
アリゾナ州の誇りでもある元大統領候補で昨年亡くなった共和党重鎮のマケイン上院議員に対して亡くなってからも攻撃し続けたこと。今回の選挙に当たりマケイン氏夫人はSNSで共和党員ながらバイデン氏を支援すると何度も投稿していたほど。まだ発表されていないがアリゾナ州ではバイデン候補が1.5万票の差をつけリードしている。

トランプ氏の最後の一手となる51州がそれぞれ1票を持つ選挙、現在、トランプ氏が25州で勝ち、バイデン氏が23州、3州未発表。開票状況からしてトランプ氏が26州、バイデン氏が25州と拮抗している。しかし、この方法だと民主主義の根幹が崩れることになる。
米国では、共和党も民主党も、日本のように全部の案件を党議拘束するような制度はない。

なお、ロイターがマードックのように「ファクト・チェック」なる調査資料を持ちだし疑義を煽っているが、ウィスコンシン州の人口は582万人、ミネソタ州は530万人。有権者登録人数より、有権者人口からも考察する必要があろう。

 


スクロール→

米大統領選挙/AP版

11月10日現在

バイデン候補279 対 214トランプ大統領

 

選挙人

開票率

トランプ

パイデン

票数

票数

カルフォルニア

55

90%

5,088,063

32.9%

9,874,923

65.3%

テキサス

38

99%

5,865,913

52.2%

5,218,631

46.3%

フロリダ

29

99%

5,658,847

51.2%

5,284,453

48.0%

ニューヨーク

29

79%

2,855,014

43.0%

3,702,263

56.0%

イリノイ

20

92%

2,316,566

42.0%

3,056,219

56.0%

ペンシルバニア

20

99%

3,323,098

49.0%

3,370,346

50.0%

オハイオ

18

96%

3,074,418

53.3%

2,603,731

45.2%

ジョージア

16

99%

2,457,141

49.5%

2,469,707

50.0%

ミシガン

16

99%

2,644,525

47.9%

2,790,648

50.5%

北カロライナ

15

95%

2,732,120

50.0%

2,655,383

48.6%

ニュージャージー

14

86%

1,591,116

41.0%

2,239,422

58.0%

ヴァージニア

13

99%

1,952,834

44.5%

2,379,830

53.9%

ワシントン

12

99%

1,536,067

39.0%

2,321,351

59.0%

アリゾナ

11

98%

1,633,910

49.0%

1,648,643

49.0%

マサチューセッツ

11

99%

1,148,777

32.3%

2,316,338

66.0%

テネシー

11

99%

1,849,211

60.7%

1,139,666

37.4%

インディアナ

11

99%

1,725,723

57.4%

1,239,401

41.0%

メリーランド

10

92%

889,147

34.0%

1,672,603

64.0%

ミネソタ

10

99%

1,484,903

45.4%

1,718,178

52.5%

ウィスコンシン

10

99%

1,610,030

48.8%

1,630,570

49.0%

ミズーリ

10

99%

1,711,848

56.9%

1,242,851

41.3%

南カロライナ

9

99%

1,384,852

55.1%

1,091,348

43.5%

アラバマ

9

99%

1,430,589

62.3%

834,533

36.3%

コロラド

9

95%

1,335,263

42.2%

1,753,416

55.1%

ルイジアナ

8

95%

1,255,481

58.5%

855,597

39.8%

ケンタッキー

8

99%

1,326,418

62.0%

772,285

36.0%

コネチカット

7

99%

713,778

39.0%

1,079,223

59.0%

オクラホマ

7

99%

1,018,870

65.4%

503,289

32.3%

オレゴン

7

98%

928,706

40.1%

1,304,536

56.9%

ミシシッピー

6

99%

677,218

60.0%

440,284

39.0%

アイオワ

6

99%

897,101

53.1%

758,325

44.9%

アーカンソー

6

99%

755,815

62.7%

417,897

34.5%

ユタ

6

93%

781,358

58.3%

505,250

38.0%

カンザス

6

99%

752,903

56.7%

551,144

41.1%

ネバダ

6

95%

634,339

48.5%

670,613

50.0%

ネブラスカ

5

99%

550,202

58.7%

367,919

39.1%

ニューメキシコ

5

99%

400,095

43.6%

496,826

54.2%

西ヴァージニア

5

99%

539,610

68.6%

232,502

29.6%

ロードランド

4

99%

197,421

39.2%

300,325

59.4%

ニューハンプシャー

4

99%

365,373

45.5%

423,291

52.6%

メイン

4

99%

359,502

44.0%

430,023

53.8%

アイダホ

4

99%

554,019

63.7%

286,991

33.2%

ハワイ

4

96%

196,602

34.3%

365,802

63.7%

ワイオミング

3

99%

193,454

69.9%

70,445

26.6%

デラウェア

3

99%

199,829

39.8%

295,403

58.8%

南ダコダ

3

99%

261,035

61.8%

150,467

35.6%

北ダコダ

3

99%

235,582

65.0%

114,902

31.7%

モンタナ

3

99%

341,767

57.0%

243,719

41.0%

アラスカ

3

58%

118,844

62.9%

64,246

34.0%

ワイオミング

3

99%

193,454

69.9%

73,445

26.6%

ヴァーモント

3

99%

112,688

31.7%

242,805

66.0%

合計

538

 

71,861,439

 

76,272,008

 

 

 

 

 

25

 

23

・メイン州はバイデン3、トランプ1となる。

 

色は未発表3州

 

色はトランプ氏が訴訟を起こした州

 

[ 2020年11月11日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧