アイコン 裸になり続ける東芝 岩手・大分の半導体事業所売却へ 台湾UMC購入か 社員2100人  

 

スポンサード リンク
 

東芝が、半導体を製造する子会社の岩手事業所(岩手県北上市)と大分事業所(大分市)の売却を検討していることが19日分かったと報道されている。

半導体事業で進めている構造改革の一環。台湾のファウンドリー(半導体受託製造)大手UMC(聯華電子)などが両工場取得に関心を示している。

東芝は売却する場合、生産委託先として活用する意向。

両事業所は子会社のジャパンセミコンダクター(岩手県北上市)の拠点で、電気自動車(EV)の普及などで需要拡大が期待されるモーター制御用半導体の生産などを手掛けている。

日立も東芝も切り捨て御免、口では集中と選択など綺麗ごとを言うが、最後は何が残ろうか。


スクロール→

商号

株式会社ジャパンセミコンダクター

設立

1973年(昭和48年)120

代表者

取締役社長 森 重哉

所在地

岩手事業所

岩手県北上市北工業団地66

 

大分事業所

大分県大分市大字松岡3500番地

 

川崎分室

神奈川県川崎市幸区堀川町580番地1

従業員数

2,100

資本金

150億円

 

[ 2020年11月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産