アイコン 「ヒカルの碁」実写版TVドラマ「棋魂」大ヒット放映中/中国

劉暢氏が監督を務め、俳優の胡先煦(フー・シェンシュー)、張超(チャン・チャオ)、ハオ・フーシェンが主演を務める少年熱血ドラマ「棋魂」が中国で大ヒット配信中だ。
多くのリメイク版ドラマが「大コケ」する中で、日本の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載された人気漫画「ヒカルの碁」を原作とした同ドラマが、大ヒットとなっているのはなぜなのだろうか?中国新聞網が報じた

ドラマ「棋魂」は、胡先煦演じる「時光」が偶然古い碁盤を見つけ、その碁盤に1000年以上宿っていた天才棋士の霊に取り憑かれてしまい、その天才棋士の霊の影響少しずつ囲碁に興味を持つようになり、プロの棋士を目指していくというストーリー。
「週刊少年ジャンプ」で1999年から連載された「ヒカルの碁」は、多くの若者の間で人気を博し、小学館漫画賞や手塚治虫文化賞新生賞などを受賞し、日本の囲碁界にも影響を与えてきた。
「ヒカルの碁」には、日本の社会の数十年という長い期間の変化の過程が盛り込まれているため、それをうまくローカライズできるのかという点を心配する声も大きかった。

 

「棋魂」の時間軸は2000年前後に設定された。そして、「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」(コロコロコミック、ミニ4駆がテーマだが碁も登場)のヒットがきっかけに子供たちに大人気となったミニ四駆や昔ながらのポップコーン、ドラマ「還珠格格」(台湾小説、台中合同での人気実写版)といった要素が盛り込まれたことで、多くの人が親近感を覚え、さらに、子役たちの見事な演技が、中国の人々をローカライズされたドラマの世界へと引き込んでいる。

「囲碁」がテーマの「棋魂」では、中国の学校や碁会所のほか、多くの囲碁の専門的知識も登場する。
「棋魂」と中国の囲碁の発展の関連性を分析するネットユーザーもいる。
また「棋魂」は、原作の物語の中心となる世界観を引き継いでおり、少年の成長を主軸に、親友やライバルと励まし合いながら夢を叶えていく。
囲碁が中心というよりは、囲碁を通して成長する青少年の姿を描き出していると言ったほうが正確だろう。

「棋魂」のリメイクについて、劉監督は、「簡単ではなかった。リメイクには非常に時間がかかり、大きなチャレンジとなった。それでも、製作チームは頑張り通した」と語る。
そして、「初めて『ヒカルの碁』を読んだ時、他の漫画とは違うと感じた。『霊』が登場するものの、ストーリーの構成は現実的で、読む人は親しみを覚える。また、誰かと一緒に何かをしたり、そこに込められている熱いストーリーも人を感動させる」とし、「囲碁は多くの人の間で人気を集めているような娯楽でもなく、また思春期の若者が主役でありながら、恋愛を描いていないため、全体的な背景をどのようにローカライズし、中国の若者の成長に合わせるかが、ドラマ化のうえで解決すべき問題となった」と説明する。
「棋魂」のプロデューサー・朱振華氏は、「漫画をドラマ化する時、原作の世界観を尊重し、視聴者の好みと結び付けながらリメイクしなければならない。
そして、表面的な部分に留まるのではなく、さまざまな角度から原作の中核となっているものを掘り起こさなければならない」との見方を示す。
「棋魂」は、「パーフェクトな作品」とはいかないまでも、多くのネットユーザーの「漫画の実写版は『大コケ』ばかり」という偏見を覆しており、心を込めて製作した作品は、必ず多くの人の目に留まるのだということを十分に物語る作品となっている。
以上、人民日報

韓国では天才女児棋士のキム女児(13)が、9月下旬に韓国の男性プロ棋士、李映九・九段(33)とオンラインの大会で対局した際、指し手がAIの予測する内容と大部分で一致したことが判明し、不正使用の疑惑が浮上したが、本人もこれを認め、1年間の出場停止処分となっている。
天才と言われるプレッシャーから逃れることができなかったようだ。
ただ、生配信すれば、頭にマイクロ通信装置を埋め込めば、指し手をAIが教えてくれるだろう。

 

そういえば韓国とこの「ヒカルの碁」の間fには面白い噂話がある。

週刊ジャンプ連載当時、敵の一人である韓国人を弱く書いたため、韓国人団体から抗議を受けたというのだ。

もともと囲碁の世界では、当時の日本はアジアでは中国韓国よりそこまで強いというわけでもなくどちらかと言えば格下、そして発祥は中国。

韓国にも負けていた時期であったためと、いつもの変なプライドが働いたのだろうか。

その後、大人気だった守護霊のサイも舞台から消え、美少年の最強韓国人ライバルが突如登場、主人公はいつまでも勝てないというモヤモヤのまま終了し、ファンらは謎のストーリー展開に唖然、当然ヒカルの碁で始まった囲碁ブームも静かに去って行った。

そして、なぜかテコンドーの新連載がはじまったが、これが韓国側への手打ちだと、以前まとめサイトに掲載されていたお話。

今回は中国だが口を挟・・・めないか。

 



1124_09.jpg
 

[ 2020年11月24日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産