アイコン 旧村上ファンド 京阪神ビルディンググにTOB

旧村上ファンド系のストラテジックキャピタル(渋谷)は4日、オフィスビル管理の京阪神ビルディングに対してTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。買い付け期間は5日から12月17日まで。1株1900円で買い付ける。

京阪神ビルの4日終値は1879円。買付予定株数は、京阪神ビルの発行済株式数の約20%に相当する1020万6100株。

以上、

敵対的買収であるが、20%の買付予定のTOB、どこまで本気度があるのかわからない。1900円にしてもほとんどプレミアムなしだ。

不動株数が読めず、村上氏はしつっこいから出来高を伴えば第2弾としてさらに敵対的買収に入る可能性もある。しかし株を吊り上げたところで売却するのがハゲタカの常套手段。

株価は8月まで1400円前後で動き、9月から値上がり続け4日現在1879円。

インタートラストの購入平均単価は800円前後(2017年)、サンシャインF号は1500円程度(今年)と見られる。


 

 

スクロール→

京阪神ビルディングの大株主 2020年9月30日現在

株主

/千株

割合

銀泉

6,440

12.39

インタートラスト トラスティーズ=ストラテジックキャピタル

2,887

5.56

三井住友銀行

2,133

4.1

日本マスタートラスト信託銀行

1,930

3.71

日本カストディ銀行

1,516

2.92

サンシャインF号投資事業組合=UGSアセットマネジメント

2,005

2.89

ダイキン工業

1,421

2.74

きんでん

1,393

2.68

鹿島建設

1,376

2.65

三重銀行

1,287

2.48

21,885

42.1

 


スクロール→

京阪神ビルディング

連結/百万円

18/3

19/3

20/3

売上高

14,799

14,995

15,319

営業利益

5,298

5,451

5,414

経常利益

5,044

5,214

5,214

当期利益

3,585

3,998

3,919

総資産

123,035

132,780

136,605

自己資本

62,158

64,133

64,256

資本金

9,827

9,827

9,827

有利子負債

48,251

55,708

58,401

自己資本率

50.5%

48.3%

47.0%

時価総額

11/4

1,879

98,055百万円

株式総数

52,184,498

 

 

 

[ 2020年11月 5日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産