アイコン あがくトランプ 中国による米選挙介入の情報入手?

アメリカ国旗

Bloombergによれば・・・

11月3日の米大統領選挙に外国勢力が介入した可能性について、ラトクリフ米国家情報長官は報告書の議会提出を保留することを検討、米有権者に影響を与えようとした存在として、中国にもっと言及するべきだというのがその理由だ。

同報告書は・・・

トランプ大統領が選挙結果の受け入れを拒む中、18日に議会への提出が予定されている。

関係者らによるとラトクリフ氏が懸念を強めたのは、トランプ氏の再選を阻むために中国指導部が取った行動、もしくは立てた計画についてより詳しい最新情報が出てきたことが理由。

関係者の1人は、その情報の一部は中国語によるもので、選挙の前後数週間で集められたものだと述べた。内容についてはまだ評価中だという。

以上、報道より参照



 

 
 

ネットの反応では・・・

『フェイク認定はよ』

『ロシア疑惑は?あれもフェイク?』

『ブルームバーグがいうの?』

『中国ならやりかねんが、いかんせん手遅れ』

『アメリカはデカい糞ガキ』

『さてどうなるかな、中国が笑うのか結局白人の勝利か』などの声が上がっている。

 

 

[ 2020年12月17日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産