アイコン 朝日新聞419億円の大赤字 実売部数は350万部か

朝日新聞

朝日新聞の20年9月中間期の売上は1390億円で、前年同期比で22・5%減。純利益は419億円の赤字で、前年同期は14億円の黒字だった。2020年度の通年決算では、経常利益で約170億円の赤字になる見通しという。

日本ABC協会によると、朝日新聞の発行部数は、2015年度は700万部近くあったが、18年度に600万部を割り込み、20年上半期では516万部まで落ち込んでいる。  20年8月には499万部になり、55年ぶりに500万部を割り込んだ。前年同月比43万部減だ。9月は497万部で、同43万部減、10月は496万部で、同42万部減となっている。読者に配達されないまま廃棄される「押し紙」を差し引くと、実売部数は350万部以下とも言われている。

 
 

ネットの反応では・・・

『右左の問題じゃなくて、新聞そのものが時代にあってない』

『もうネットで十分だしね。紙媒体そのものが終了』

『スマホでニュースみてるから・・・』

と冷静な意見や

『朝日だけは許さない。従軍慰安婦でどれだけ日本に損失を与えたか。』

『保守だけ叩きまくるくせに、持ち上げるのは無能な野党。日本が路頭に迷うわ』

『ゾルゲの頃から変わってない。日本の敵だよ、朝日新聞は』

など保守層から厳しい声が上がっている。

 

 

[ 2021年2月18日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産