アイコン トヨタ自動車 「ハッピーアグリ」パン共同開発 販売中

トヨタ自動車が食品の開発を始めたことが12日、分かった。タンパク質が豊富な大豆入りパンなどを専門業者と共同で企画し、「ハッピーアグリ」という独自ブランドで展開している。トヨタは太平洋戦争後の食糧難の時代にドジョウの養殖などを研究したことはあるが、「食品事業を手掛けるのは初めて」(広報)という。
 穀類などで作った健康に良い機能性食品の開発を進めており、第1弾として愛知県豊田市の業者と大豆パンを企画。穀物販売業の永倉精麦(静岡県長泉町)とも提携し、昨年12月に食物繊維を多く含む炊飯用大麦「毎日一膳 もち麦ブレンド」などを売り出した。
 商品のパッケージには「ハッピーアグリ」のロゴマークを付け、それぞれの業者を通じて販売している。今後、状況を見ながら提携先や商
以上、時事通信参照

20年前だったらホンダがやってそうな感じだが、本田さんは冒険心の塊だったが、今のホンダはサラリーマン経営者たちによる株主の顔色ばかりを伺う利益だけの集団、社員たちも面白味0ではないだろうか。そうしたところに何も生まれてこない。二番煎じのASIMOの次がない。

 

 

問い合わせ先(クリック)

<大豆パン>

製造/販売 株式会社三州足助公社(百年草 バーバラはうす)

製造/販売 株式会社どんぐりの里いなぶ

<もち麦>

製造/販売 永倉精麦株式会社


0213_02.jpg

[ 2021年2月13日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産