アイコン 武藤元衆議 今度は議員時代にひき逃げか 過去には金銭トラブルで自民党離党

警視庁は1日、車で男性をはねて逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の容疑で、元衆院議員の武藤貴也容疑者(41)を書類送検する方針を固めた。武藤容疑者は任意の取り調べに黙秘しているという。

武藤容疑者は、衆議院議員時代の2016年7月16日午前0時5分ごろ、東京都中野区丸山の都道で、乗用車を運転中、前方の路肩に停車していた車から降りた60代男性と接触し、現場から逃走したとしている。男性は右腕を打撲し全治約3週間のけがを負った。

武藤容疑者は2012年の衆院選滋賀4区で初当選。2回当選、在任期間:2012年12月16日~2017年9月28日、麻生派。

 

週刊誌で知人に「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」持ちかけた金銭トラブルが報じられ、自民党を2015年に離党。
その後、未成年売春の報道も為されていた。
2017年9月の衆院選は復党が認められず出馬を断念、
2019年4月の滋賀県議選に出馬したが落選した。
この県議選で法定外の文書を配布したとして、公選法違反の罪で在宅起訴され、大津地裁で公判が行われている。
以上、

相手は元衆議、警視庁は検察に委ねるのだろうか。検察が起訴するか否か判断することになる。
問題は過失傷害のひき逃げ事件、一般人だったらこうはいかんだろう。
事件に関係なかったら黙秘する必要もないが。
何かわからない。

 

[ 2021年3月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産