アイコン フォルクスワーゲン(VW)、EV用バッテリー23年目処に自社開発品搭載 韓国勢悲鳴

フォルクスワーゲン(VW)が15日、EV用バッテリーを独自に設計・生産する垂直系列化を宣言した。世界的自動車メーカーの相次ぐバッテリー自給宣言が韓国3大バッテリー会社に直撃弾になりかねないとの懸念が出ている。

「VWショック」で16日、EV用バッテリーを生産するLG化学、SKイノベーション、サムスンSDIの御三家の株式時価総額は約7兆ウォン蒸発した。

VWのトーマス・シュマル技術担当取締役は15日にドイツのウォルフスブルクで開催した「パワーデー」行事で、「ユニファイドセルという新規統合バッテリーセルを2023年から導入し2030年には全EVモデルの80%に搭載する」と明らかにした。このためフォルクスワーゲンは独自のEVプラットフォームに搭載するバッテリー工場6ヶ所を欧州に設立するという計画を打ち出した。

VWが独自生産することにしたユニファイドセルは、LGとSKのパウチ型と違い角形。角形バッテリーのためスリムなスケートボード形のEVプラットフォームにすぐ組み込むことができる。
中国CATLが主導しているいわゆる「セル・トゥ・パック」バッテリー技術の拡張版となる。

 

韓国の大林大学自動車科のキム・ピルス教授は「自動車メーカーのバッテリー内在化戦略が最近になり明確になっている。車という限定された空間で最大限のバッテリー効率を作り出すための目的」と分析している。

米ゼネラルモーターズ(GM)もやはり昨年3月に独自開発したバッテリーとEVプラットフォーム「アルティアム」を公開している。
LGエネルギーソリューションの分離前の法人であるLG化学とGMが共同開発したアルティアムバッテリーは初期開発時からGMの独自プラットフォームに最適化された方式で設計されている。
アルティアムバッテリー関連特許の相当数はGMが保有したという。現代自動車もやはりバッテリーを独自に設計するが中国企業から納品を受ける案を協議中。

自動車メーカーがEV独自専用プラットフォームを持ち出しバッテリーメーカーは自動車の要求に合わせてバッテリーの仕様を合わせなければならない状況に直面している。
特に角形バッテリーを生産するサムスンSDIとは違いパウチ型バッテリーに注力してきたLGエネルギーソリューションやSKイノベーションは形態を変えなければならないという課題を抱えることになった。
未来アセット大宇のパク・ヨンジュ研究員は「パウチ型セルを納品してきたLGエネルギーソリューションとSKイノベーションに短期不確実性が予想される」と話した。

あるバッテリーメーカー関係者は「パウチ型に合わせて大規模設備投資を進めてきた状況で角形に合わせるには技術も新たに開発し施設も替えなければならない困難がある。だがバッテリー技術そのものに対する競争力があるだけに自動車業界との協業は続くだろう」と話している。

一方、「フォルクスワーゲンショック」で、この日韓国のEV用バッテリーメーカー3社の時価総額は前日より6兆9089億ウォン(約6642億円)蒸発した。
LG化学の株価は前日比▲7.75%(7万5000ウォン)安の89万1000ウォンで取引を終えた。時価総額は1日で5兆2944億ウォン減った。
SKイノベーションは前日より▲5.69%(1万3000ウォン)安の21万5500ウォンで引け、株価は年初来安値に落ち込んだ。
角形バッテリーを生産するサムスンSDIの株価は▲0.87%(6000ウォン)下落し68万ウォンとなった。

韓国投資証券のキム・ジョンファン研究員は「VWのパウチ型二次電池主要供給会社であるLGとSKには否定的なニュース。2025年から韓国の二次電池メーカーのフォルクスワーゲン内のシェアが下落するだろう」と予想した。
以上、

パウチ型、角型に限らず、自動車メーカーが高いバッテリーをいつまでも専業メーカーから購入するわけがない。それをするのは目先利益に走った日産だけだろう。

車両価格の1/3をバッテリーが占めるEV、それでいて火災問題も充電時間問題もまだクリアしたわけではない。短時間充電を謳い文句しているEV車両は、高電圧の極一部の充電スタンドでしかできず、宣伝用になっている。

カーメーカーもEVではエンジンがなくなり、利益を大きく損なうことから、バッテリーの自社開発もしくは、バッテリー企業との合弁会社により、バッテリー利益を享受するのは当然のことだろう。

最先端のバッテリーのベンチャー企業を買収すれば、いくらでもバッテリーは内製化できる。VWもすでにノースボルトと開発資金をVWが出し、ドイツに合弁工場の開発に当たっていたはすだ。

また、VWはバッテリーの主契約をSKとしており、SKそのものがLGの特許権侵害問題を抱え、いくらSKがハンガリー工場を増設して対応しようが、特許権問題を解決しない限り、納品できなくなるリスクがある。

米ITCはLGの全面勝訴裁定、特許侵害部分をSKが自ら開発するには10年はかかるとして、該当するSKバッテリーの韓国からの輸入を10年間禁止する厳しい裁定となっている。
仲が非常に悪い韓国の大企業でもある。バッテリー3大企業も当然仲が悪い。

 


スクロール→

韓国勢のEV用バッテリー工場投資計画

LGエナジーソリューション

2025年までの米国生産計画(2021年3月)

場所他

規模

現況

ミシガン工場

GWh

稼働中

GM合弁テネシー工場 

35GWh

建設中

GM合弁オハイオ工場

35GWh

建設中

今回発表 35GWh×2工場

70GWh

計画

米合計5工場体制

145GWh

 

SKイノベーション

米国に2工場建設中

ハンガリーに第2工場建設中

サムスンSDI

中国西都工場を大拡張計画

EV市場予測

 

ブルームバーグ

ゴールドマンサックス

 

世界市場

米国市場

2020年

300万台

30万台

2025年

850万台

240万台

2030年

-

480万台

2035年

,600万台

800万台

・自動車の世界販売規模は9,000万~1億台

 

 

[ 2021年3月17日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧