アイコン 文政権庇護下の組合 起亜自動車の工場止める

16日午後、韓国起亜自動車の光州工場の稼動が中断された。起亜自動車の一次下請の部品会社の労使対立のため部品供給がストップしたことによるもの。

これに先立ち、自動車車体部品生産会社の「湖源」の民主労総金属労組所属の湖源労組が16日午前から工場を占拠して座り込みに入り生産と部品搬出が止まった。組合は不当解雇撤回と労組活動保障などを要求し1年以上にわたり会社側と深刻な対立を生じさせてきていた。

起亜自動車光州工場は在庫品で工場稼動を続けたが、午後3時を前後して稼動が中断した。生産が中断された車種は主力車種であるセルトス、ソウル、スポーテージ、ボンゴトラックなど。
起亜自動車関係者は「早急な操業再開を望む。稼動再開時期は不透明だ」と話した。
以上、
韓国で左派政権が続く限り、民主労総は勢力を拡大し続け、左派政権でも手がつけられなくなる政治性と狂気性を有している。

韓国の自動車産業は岩盤の400万台を割り込み、メーカーは海外生産を加速させている。そうした中、雇用創出のため、光州市は文政権の支援の下、自動車製造受託工場を建設するとし、現代自動車と生産委託車両と生産指導などにつき基本契約を締結していた。2022年に稼動させるというものだったが、案件が空中分解していなければ、当然、現在建設は進んでいるものと見られる。低賃金での雇用と生産、市による従業員宿舎などの支援なども盛り込まれていた。

 

この工場施設は今年中に竣工、製造機械搬入、試業を重ね、来年から本格生産すると見られる。当然、現代Gを支配している民主労総系組合が猛反発することは疑いようもなく、民主労総は予告もしている。蜜月時代の民主労総と文政権、全面対決に変わる可能性も高い。

<独裁色を強める文氏も残りあと1年>
来年の3月9日に大統領選挙は実施される。文氏は左派独裁を進めただけで歴史に名を残す事業は皆無、逆に経済失策など負しか残していない。自ら宣伝しまくったK防疫も、今でも毎日400人前後の感染者が発生し続け、宣伝できる状態はなくなっている。
文氏の役割は、反日策動を爆発させることにあったろうが、日本側から条約や合意を守るように諭されるも無視、これに対して日本の長期無視、韓国の新大使も新外相も日本の外相とコンタクト一つ取れず、今では困り果てている。
文氏の北朝鮮の代理人としての存在価値は、唯一無二北朝鮮の金正恩が高く評価し、妹ともに文氏を転がし弄んでいる。
文在寅氏にも檻が待っているのだろうか。それとも極悪人の李承晩のように、中国なり、北朝鮮なりに亡命するのだろうか。・・・懲りない面々。

[ 2021年3月17日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧