アイコン NEC ホテルワークスペースサービス開始 アプリでサービス提供 ホテルでテレワーク

NECは31日、従業員の多様な働き方を支援する企業に対してホテル客室をサテライトオフィスとして活用する「ホテルワークスペースマッチングサービス」を4月より提供開始すると発表した。

本サービスでは、エリア・部屋数など企業のニーズに合わせて、今回参画する首都圏のホテルからサテライトオフィスとなる客室を紹介するとともに、利用者向けにホテルの空室検索や予約が可能な専用のスマートフォンアプリを提供する。

NECグループ各社や住友商事などの複数企業が本サービスを試行的に利用しており、利用可能なホテルと利用企業を拡大することでNew Normalにおける働く場所の多様化とホテルの稼働率向上を促進する。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大は人々の働き方に大きな変化をもたらし、とりわけテレワークの拡大に伴い人々の働く場所が多様化している。

一方、ホテル業界ではインバウンド需要の消失や国内旅行・出張の自粛などで宿泊客が減少し、客室の稼働率向上に向けた対応が急務となっている。

そこで、NECは企業における従業員の多様な働く場所の確保とホテルにおける客室稼働率の向上という二つの課題を解決するため、プライベート空間や通信インフラが確保され、感染症対策が施されたホテルの客室をサテライトオフィスとして活用する「ホテルワークスペースマッチングサービス」を開発した。

リモート会議や機密性の高い作業に最適なホテル客室を新たなワークスペースとして活用することで、従業員のテレワークの生産性や満足度の向上を支援する。
なお、本サービスはNECのホテル基幹業務システム「NEHOPS」を導入しているホテル向けに提供する。
以上、
家でのテレワークは住宅環境にもよりけりだろうが、お家騒動、DVの増加、離婚まで増加しているという。
「亭主元気で留守がいい」という妻や子供の気持ちもテレワークを進める企業は察すべきだろう。テレワークで自宅とホテルを半々で利用できればストレスも大分違うだろう。

0401_05.jpg

[ 2021年4月 1日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧