アイコン 新型コロナの影響か 生活保護申請5ヶ月連続増に

厚生労働省によれば、ことし1月に生活保護が申請された件数は全国で2万61件で、前の年の同じ月と比べて1341件、率にして7.2%増加したことがわかった。

新型コロナウイルスの影響が長期化する中、生活保護の申請件数が、前の年の同じ月より増加したのは5か月連続となる。

前の年と比較した増加率は、去年9月は1.7%で11月は2.7%、12月は6.5%、ことし1月は7.2%と大きくなる傾向にある。

また、ことし1月に生活保護の受給を新たに始めた世帯は1万6072世帯と、前の年の同じ月と比べて1213世帯、8.2%増。

生活保護を受給している世帯は全国で163万8184世帯と、前の年の同じ月より0.2%増加している。

以上、報道より参照

 

 
 

ネットの反応では・・・「申請者であって受給者ではないよね」「これ外国人にも出してるんだよな、帰国費だせよ。そっちの方が安いだろ」「まあ菅さんの発言の所為だな」「生活保護の人らが住んでるとこって異様な雰囲気あって、なぜか創価と共産党のポスターが貼ってるとこが多い」「それでもがんばってる人もいるんだよね、もらえるはずなのに」などの声があがっている。

 

厚生労働省は、支援が必要な人に対して積極的な利用を呼びかけており、ホームページでも「生活保護の申請は国民の権利です。生活保護を必要とする可能性は、どなたにもあるものですので、ためらわずにご相談してください」などとメッセージを発信している。

[ 2021年4月 8日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧