アイコン 愛媛県知事 1ヶ月分給与全額返還、総務省出向課長の送別会で30人宴会


愛媛県知事 1ヶ月分給与全額返還、総務省出向課長の送別会で30人宴会
愛媛県庁の職員約30人が先月24日夜、松山市道後のホテルの宴会場で送別会を開いていた問題で、愛媛県の中村知事は9日、「県民に申し訳ない」と謝罪したうえで、みずからの給与を1ヶ月分全額返上することを明らかにした。
愛媛県は同じ日に県職員の対応として「年度明けの歓迎会などはおおむね10人以内」などと説明していた。
この送別会について中村知事は9日午前取材に応じ「県民の皆さんに申し訳ない。心からおわびします」と謝罪した。
そのうえで、みずからの給与1ヶ月間分を全額返上すると明らかにした。

この送別会を開いたのは県の市町振興課で、異動した当時の課長は総務省から出向し、愛媛県のワクチン接種を推進する「チーム総括」を務めていた。
また、中村知事は、松山市の繁華街で大規模なクラスターが確認されたあとの先月23日と24日に20人以上の送別会を開いたケースが9件あったことなどを明らかにしたうえで、責任者を厳重注意すると述べた。

中村知事は「いま県庁全体の士気を低下させるわけにはいかない。仕事で県民に結果を返すことに全力集中せよと指導を行う」と述べた。
以上、異常、

スポンサーリンク

20人以上の送別会が9件、ワクチン関係に従事していた総務省出向者もいいころ加減、
愛媛県庁のいいころ加減の塊が感染者の増加をもたらしている。
厳しい処分をしない限り、目が覚めない職員さん・課長さんたちのようだ。総務省の出向者は大お上とでも思っているのだろう。出向者にぺこぺこする必要もないのであるが・・・。
今時、県が10人以内を容認すること事態が大きな間違い。
お上が県民に対してこうした模範を示せば、県民は自己防疫を放棄し、ドンちゃん騒ぎすることだろう。

愛媛県は意外と大阪方面へ遊びに行く人たちが多いようで、ウイルスを持って帰っているようだ。過去の感染拡大期の感染者に比例してステルス感染者も水面下に存在し、少なくなったと油断すれば、ステルス感染者のウイルスが表に飛び出し、クラスターなどを発生させ、また感染拡大期を迎える。ステルス感染者の多くが若い人たちで、無症状や風邪くらいの感覚しかない人たちも多く、感染したとの認識を持たないまま陰性化している。しかし、その間に人様に感染させ、アメーバー上にステルス感染者が広がっていく。
現在、ウイルスの封じ込めに失敗すれば宮城県のようになる可能性がある。封じ込めはここの防疫対策と行政の対策が必要となるが、行政の感染症対策の基本である感染検査数を最大限増加させ、陽性者を見つけ出し、陰性化するまで隔離すること、飲食店頭の時短要請、5人以上の集団形成禁止などの方法を取るしかない。

 


スクロール→

愛媛県の感染者数推移

 

累計

月間

日平均

1

0

0

 

2

0

0

0

3

9

9

0

4

47

38

1

5

82

35

1

6

82

0

0

7

89

7

0

8

114

25

1

9

114

0

0

10

116

2

0

11

314

198

7

12

465

151

5

1

993

528

17

2

1,063

70

3

3

1,367

304

10

4

1,627

(260)

32

20214月は8日まで

 

[ 2021年4月 9日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧