アイコン 長崎市 郵便局元局長がコロナで金利アップと勧誘 50人余りから約10億円を騙し取る

報道によれば・・・

長崎市の長崎住吉郵便局の60代の元局長は、ことし1月まで25年間にわたり利率の高いうその金融商品を持ちかけ、知人など50人余りから10億円余りをだまし取った疑いが持たれている。

関係者によれば、元局長は問題が発覚する直前のことし1月下旬にLINEを使って勧誘。
元局長は「コロナの勢いが収まりません。この関係で金利が若干アップする予定です」とメッセージを送り、利率が2.6%から2.8%に上がったとして追加の1500万円の入金を持ちかけていた。

また、同じ話を持ちかけられた人は複数おり、長崎県警察本部は関係者から事情を続けているという。

以上、報道より参照

 

 
 

 

ネットの反応では・・・「10億はうらや、いや酷いな!」「ちゃんと調べれば嘘だってわかりそうだけど・・・」「50人からとはいえ、長崎で10億とか結構金持ってるのいるんだな」「なにが彼をそうさせたのか、真相解明はないだろうな。みんな興味ないだろうし」「つか65歳がLINEで勧誘するんだ」などの声があがっている。

 

 

[ 2021年4月11日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧