アイコン 西武ハイヤー 雇用助成金で利益計上 取得額と支払額に大きな差

西武ホールディングス(HD)傘下のタクシー会社「西武ハイヤー」(本社:所沢市)が、コロナ惨禍で仕事が減った従業員への休業手当に充てる「雇用調整助成金」の4割にあたる約1億6000万円を休業手当に充てず、会社の特別利益として処理していたことが西武HDへの取材でわかったと読売新聞が報じている。

申請書類には平均賃金の10割の約19万円と記入して労働局に提出し雇用助成金を取得、従業員には基本給の約12万円を支払っていた。

同社は第3四半期の累積決算で雇用調整助成金等受入額として93億25百万円を計上、その説明では、新型コロナウイルス感染症の影響にともない、雇用調整助成金等の特例措置の適用を受けたものでありますとしている。

当受入金額から給与で支払った分を差し引いた分が利益となっている。

もしも西武ハイヤーのような処理を全社でしていたとすれば、一人当たりの助成金取得額と支払額が一緒だと仮定した場合、34億36百万円がインチキになる。

 

雇用調整助成金は、企業が従業員に支払う休業手当の一部を国が補助する制度。

従来の助成率は大企業が2分の1、中小企業が3分の2だったが、昨年4月以降、新型コロナウイルスの感染拡大による特例措置で引き上げられ、雇用維持を条件に、中小企業と売上高が3割以上減少した大企業は、全額が助成されるようになった。

なお、西武HDは第3四半期累積決算では、売上高が前年度期間の4,326億26百万円から今期の2,524億46百万円と▲41.7%減少し、▲481億42百万円の赤字を計上している。

以上、読売新聞、決算報告書等参照

[ 2021年4月19日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧