アイコン 大阪北部地震 復興特需で80業者計7億9千万円申告せず、悪質な申告漏れも

大阪国税局は、2018年6月18日に起きた大阪北部地震で被災家屋の修繕などを請け負った約80の建築業者らに対し、総額約7億9千万円の申告漏れを指摘していたことがわかったと報道されている。

「復興特需」に沸く業者に集中的に税務調査を行った結果、売上高を少なく見せて申告するなどの税逃れが見つかったという。

スポンサーリンク
 

消費税法の定めでは土地の売却収入などを除いた課税売上高が年間1千万円以下であれば、消費税の納税は免除される。関係者によると、復興特需で売り上げが急増した業者の間で、この制度を悪用して売り上げの一部を申告せず、収入を年間1千万円以下に装う手口が広まっていたという。

申告漏れの総額は約7億9千万円、うち約6千万円について、仮装や隠蔽のある悪質な所得隠しと認定。重加算税を含む追徴税額は、所得税と消費税あわせて総額約2億2千万円に及んだとみられるという。

以上、朝日新聞参照

[ 2021年4月28日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧